TITLES
OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

●新ヒーロー:オリーサ(タンク)
ヌンバーニを守るために配備された警備ロボット「OR15」は、その使命を全うすることなく退役した。OR15のパーツを流用して造られたオリーサは、ヌンバーニの新たな希望。まだまだ学ぶべきことは多いが、街と彼女を造り上げた少女「エフィ」を守る守護者として、オリーサは最初の一歩を踏み出した。

6人目のタンク・ヒーローとなるオリーサは、彼女の設計に秘められた思い同様、「守る」ことに特化しています。メイン攻撃となる「フュージョン・ドライバー」は射程と精度に優れたオートマチック・ウェポン。しかし射撃中は移動速度が低下するうえ、リロード時間も長いため、注意が必要です。サブ攻撃の「ストップ!」は重力球を発射し、起爆時に周囲の敵を引き寄せることができます。

「フォーティファイ」アビリティを発動すると、オリーサは自身を強化し、一定時間受けるダメージを減らすと同時に、行動を制限する敵アビリティの影響を受けなくなります。また、曲線状の「プロテクティブ・バリア」を展開し、自身と味方をあらゆる方向からの攻撃から守ることもできます。さらに、アルティメット・アビリティ「スーパーチャージャー」を使えば、範囲内にいる味方の攻撃力を増幅させることが可能です。



●一般アップデート
ライバル・プレイ
○ROUTE 66にて攻撃チームがペイロードを最初のチェックポイントまで運んだ場合、タイムを60秒追加

開発者コメント:他のエスコートマップと同じ水準になるよう、チェックポイント到達の時間追加を調整しました。

カスタム・ゲーム及びゲーム・ブラウザー
○カスタム・ゲーム作成時、サブ攻撃ボタンのアビリティを無効化、あるいは調整することが可能

●ヒーローのバランス調整
アナ
○バイオティック・ライフル
・ダメージを80から60に低下

開発者コメント:アナは回復だけでなくダメージソースとしても期待できるため、編成から外しづらいヒーローとなっていました。ライフルのダメージ値を調整することで、攻撃に転じた際の強さ、1対1の状況における強さが軽減されています。

バスティオン
○アイアンクラッド
・セントリー及びタンク・モード時の被ダメージを20%軽減(調整前は35%低減)

開発者コメント:前回のアップデート以降、バスティオンを倒しきれないことが多かったため、パッシブのダメージ軽減を調整することで攻略しやすくしました。

ジャンクラット
○トータル・メイヘム
・ジャンクラットが自身の爆発物によってダメージを受けなくなる

開発者コメント:ジャンクラットのグレネードは弾速が遅いため遠い敵に当てることが難しく、跳弾で自身がダメージを受けるため至近距離でも使いにくい傾向がありました。今回の調整により近距離戦の強さが増すと同時に、新たな戦法を模索することができます。

マーシー
○カデュケウス・スタッフ
・味方にダメージ・ブーストを付与した際に増幅したダメージ量を、マッチスタッツ及び戦績に記録されるよう変更

ソンブラ
○ハック
・ソンブラのチームメイトがハックされたライフ・パックを壁越しで視認できるよう変更

○ステルス
・ステルス発動/終了時の効果音及びセリフの再生範囲を15メートルに縮小

○トランズロケーター
・クールダウン時間を6秒から4秒に変更

開発者コメント:ソンブラは使い手次第で大きな脅威となり得ますが、多くの場合、効果的に敵をかく乱することが難しく感じられていました。今回の調整により、チームへの貢献度があがり、戦いに及ぼす影響も大きくなるはずです。

ウィンストン
○バリア・プロジェクター
・クールダウン開始時間がバリアを設置した瞬間から開始するように変更(以前はバリア消滅時)

開発者コメント:敵の注意をそらし、ダメージをブロックすることを得意とするウィンストンですが、今回の調整でより効果的にそれらを行うことが可能になりました。

ザリア
○パーティクル・バリア
・バリア内のノックバック判定が有効になる(ザリア自身)

○バリア・ショット
・バリア内のノックバック判定が有効になる(バリアをつけた味方)

開発者コメント:以前のアップデートで、ザリアのバリア内でノックバック効果のある攻撃に当たっても、ノックバックが発生しないように調整しました。しかし、ラインハルトのチャージやウィンストンのプライマル・レイジ時のパンチなど、本来バリアを貫通するはずのノックバック効果ですら無効化されてしまったため、元に戻すことにしました。なお、ファラのコンカッシブ・ブラストなど、バリア外でノックバック効果が発生する攻撃は、引き続きノックバックを防ぐことができます。

ゼニヤッタ
○破壊のオーブ
・サブ攻撃(チャージ)のクールダウンを1秒から0.6秒に変更
・オーブ弾の拡散を排除

開発者コメント:ゼニヤッタのサブ攻撃は撃ち終わった後に体勢を立て直すまでのリカバリー時間がとても長く、扱いが難しいと感じられていました。今回の調整で、より効果的にチャージ・ショットを使うことができるようになるはずです。また、ゼニヤッタのオーブは小範囲ながらも拡散するため、時折当たるはずの攻撃が命中しないことがありましたが、拡散を排除することで安定感が増しています。

●バグ修正
一般
○テレポーターやシールド・ジェネレーターなど、プレイヤーが設置したオブジェクトが破壊された際、キル・フィードに所有者の名前が正しく表示されるように修正

A.I.
○カスタム・ゲームにて、タレット系アビリティが無効に設定された際にバスティオンとトールビョーンAIが正しく機能しない不具合を修正

ライバル・プレイ
○ラウンド間の準備時間中、メダルが正しく表示されない不具合を修正

カスタムゲーム及びゲーム・ブラウザー
○OASISにて、敵ラインハルトのチャージで車にピンされた場合、敵のリスポーン・エリアで復活する不具合を修正
○キャプチャー・ザ・フラッグの設定にて、得点条件の説明を追加(自陣フラッグ喪失時は得点不可)
○カスタム・ゲームの情報画面にて、有効化されていない設定が表示される不具合を修正
○「アルティメット・チャージ」設定の値が正しく表示されない不具合を修正
○ゲーム・ブラウザーの「ゲーム検索」フィルターにて、ヒーロー及びマップがアルファベット順に表示されるよう修正
○カスタム・ゲームの設定でバスティオンの自己修復アビリティが無効化できない不具合を修正

ヒーロー
○自己修復中にバスティオンの歩行アニメーションがトリガーされない不具合を修正
○マクリーがメイのアイス・ウォールに対してフラッシュバンを使用することでオン・ファイアがチャージされる不具合を修正
○ロードホッグがフックを当てたダメージだけで敵にトドメを刺した数が、マッチの「フック命中」スタッツに反映されない不具合を修正
○「サンツァング」スキン着用時、ゼニヤッタの足が衣服から突き出る不具合を修正
○メインメニューにて、リーパーのショットガン及びD.Vaのメックが拡大されて表示される不具合を修正

マップ
○練習場でボットを破壊した際にキル・フィードに表示されるよう修正
○練習場に複数のプレイヤーが入場できる不具合を修正