TITLES

GAME NEWS New Entries

20170705_OW_ToNUMBANI_640.jpg

収容所襲撃事件の詳細が判明

20170705_OW_HELIX_200.jpg ヌンバーニ -- 最高クラスのセキュリティを誇るヘリックス・セキュリティ・インターナショナルの収容所で発生した事件から3か月経った今、新たな情報が公開された。世界で最も危険な凶悪犯罪者を収容する同施設だが、これまで事件の詳細について沈黙を保ち続けていた。しかし、先日ヌンバーニで起きた騒動を経て、収容所がタロンの襲撃を受けていたこと、そしてその目的はアカンデ・オグンディム、別名ドゥームフィストの脱獄幇助だったことが発覚した。

事件当日早朝、正体不明の航空機が施設に接近。レーダースキャンの結果、当初は無人だと思われており、さらに航空機は施設の防衛システムを素通りしていた。そのためヘリックス内にタロンの内通者がいたのではないかと推測する声もある。また、監視カメラの映像では、航空機から黒い影のようなものが施設に降り立つ様子が確認されており、ヘリックスの警備員が対応に向かうも12名以上が瞬く間に死亡。被害者の傷跡及び細胞変性を調査した結果、リーパーの名で知られる傭兵が関与したとされる事件のものと一致しており、襲撃の首謀者がタロンであることを決定づけた。

ヘリックス関係者は、オグンディム以外の脱獄者の存在やその他盗品の有無を明らかにしていないが、別の情報源によると他にも被害があった可能性は高い。



20170705_OR15_broke.jpg

ヘリックスは施設から脱獄を許した後、オグンディムの姿を見失っていた。しかし、先日ヌンバーニに突如として現れ、アダウェ国際空港で新たに導入されたOR15警備ロボット部隊を壊滅、「ドゥームフィスト」ガントレットを奪っていった。

世界を守る治安維持組織として近年脚光を浴びるようになったヘリックスだが、今回の事件だけでなく、同社が所持するエジプトの極秘施設が襲撃を受けたことなども踏まえ、疑問の声があがり始めている。その一方で、増え続ける脅威に対応すべく、UNはヘリックスに追加資金を提供することを決定した――オーバーウォッチの解体を受けて増加の動きがみられる治安維持の民営化に異論を唱える人々にとっては、耳が痛い話になりそうだ。

OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

●パッチ・ハイライト
新アサルト・マップ:HORIZON LUNAR COLONY

宇宙移住計画実現への足掛かりとなるべく建設されたHorizon Lunar Colonyでは、長期間の宇宙滞在が人体...そして類人猿に及ぼす影響を調査していました。研究はすべて順調に進んでいたかのように思えましたが...ある日を境に、施設との通信が完全に途絶えたのです...

新レジェンダリー・スキン
「オニ」ゲンジ及び「オフィサー」D.Vaを標準トレジャー・ボックスに追加



●一般アップデート
カスタム・ゲーム及びゲーム・ブラウザー
○ プレイヤー及び発射体の重力調整を実装
○ ノックバック効果を持つ武器及びアビリティのノックバック威力調整を実装
○ ジャンプの高度調整を実装

ヒーローのバランス調整
マクリー
○デッドアイ
・ロックオン開始を0.8秒から0.2秒に変更
・発動後1秒間で蓄積されるダメージを20から80に変更(1秒経過後のダメージ/秒は変更なし)

開発者コメント:マクリーのアルティメットは大きなダメージを出すことができますが、溜めに時間を必要とし、溜めが始まる前に止められる、あるいは倒されるケースが多く見受けられました。今回の調整によって、必要に応じて素早く撃つことも可能になり、アビリティ自体の脅威が増しています。

リーパー
○ザ・リーピング(パッシブ)
・ライフ・オーブを廃止
・対ヒーローに与えたダメージの20%を回復

開発者コメント:これまでのパッシブ回復は、立て続けに敵を倒せた場合に効果的であった一方、回復の源となるオーブを回収するには敵が死亡している必要があったため、敵が全員生存している、すなわち数的有利な状況ができていない場合は効果が失われていました。今回の変更によって、ダメージを与えることが回復に直結するため、的が大きくダメージ出力が低めのタンク系ヒーローを相手にしやすくなりました。

ロードホッグ
○ヘッドショットのヒットボックスを20%縮小
○スクラップ・ガン
・弾丸ダメージ33%低下
・射撃レート30%増加
・マガジンサイズを4から5に増加

開発者コメント:ロードホッグの頭(ヘッドショット判定となる部位)は同程度サイズの他ヒーローと比べて極めて大きかったため、ヒットボックスを縮小し、倒されにくくしました。また、スクラップ・ガンの調整により、フックからのコンボ及びサブ攻撃の一発における威力は低くなりましたが、DPS(ダメージ/秒)は同程度に維持されています。

ユーザー・インターフェース
○ソーシャル・メニューのグループ項目からプレイヤーをハイライトすることで、そのプレイヤーが最もプレイしているヒーローの概要を確認可能(表示されるスタッツはモード/ルールセットによって変動)
○戦績に全ゲーム・モードの統合スタッツを確認できる「全モード」項目を追加
○戦績にライバル・プレイにおける全シーズンの統合スタッツを確認できる「全ライバル・プレイ シーズン」項目を追加
○「与えたダメージ」スタッツを一部で「与えたダメージ(対ヒーロー)」に変更
○戦績の統計に「与えたダメージ(対バリア)」を追加。また、ヒーローとバリア両方に与えたダメージを表示する「与えたダメージ(全体)」項目を追加
○各スタッツの平均値をゲーム数ではなく、10分平均値で算出するよう変更
○マッチ後の評価オプションを廃止

開発者コメント:「与えたダメージ(対ヒーロー)」は従来の「与えたダメージ」スタッツと変わりませんが、バリアに対して与えたダメージは計算されず、あくまでもヒーロー及び設置系アビリティ(トールビョーンのタレットなど)に対して与えたダメージのみが表示されます。バリアに対して与えたダメージは「与えたダメージ(対バリア)」、または「与えたダメージ(全体)」項目で確認できますが、上記2項目は新しいため、各平均値は追加されてからプレイした時間に応じて算出されます。

また、これまでのダメージ平均値は与えた全ダメージをプレイしたゲーム数で割って算出していましたが、これではゲームの長さが反映されず、正確なパフォーマンスが測れなかったため、10分間の平均値を表示するよう変更しました。

バグ修正
一般
○オン・ファイア・メーターが100%になるとその後の進捗が失われる不具合を修正
○レイテンシー発生後、ライフ・パックのリスポーン・タイマーが正しく表示されなくなる不具合を修正

アーケード
○エリミネーションのマッチ終了後画面でアナウンサーの「ヒーローを選択してください」ボイスが再生される不具合を修正
○エリミネーションのマッチで眠らされたヒーローの上に「Z」が表示されなくなる不具合を修正

ライバル・プレイ
○戦績にて、最初の勝利が敗北として表示される不具合を修正

カスタム・ゲーム及びゲーム・ブラウザー
○3vs3エリミネーションの規定設定における概要にて、一部設定が正しく表示されなくなる不具合を修正
○無効な設定が存在したまま設定メニューから退出した際に表示されるエラーメッセージを変更
○キャプチャー・ザ・フラッグ及びエリミネーションのマップでライフ・パックを無効にしても、ライフ・パックの光が表示される不具合を修正
○カスタム・ゲームの設定でトールビョーンのアーマー・パック アビリティを無効にしても使用できる不具合を修正

ヒーロー
○スタン後にアルティメットを発動すると、それに伴うボイスが再生されない不具合を修正
○D.Vaのメックが召喚と同時に破壊されると身動きが取れなくなる不具合を修正
○ゲンジの風斬り直後にメイン攻撃を使うと効果音が再生されなくなる不具合を修正
○オリーサがフュージョン・ドライバーで攻撃しても移動速度が低下しない不具合を修正
○オリーサのスーパーチャージャーがペイロードに轢かれても破壊されない不具合を修正
○ラインハルトのロケット・ハンマーの振りが鈍く感じる、アニメーションスピードに関する不具合を修正
○マーシーの「おしとやか」エモートでスカートが足を貫通する不具合を修正
○特定距離にてステルス中のソンブラが見える不具合を修正
○シンメトラの「ヴィシュカー」または「アーキテック」スキン着用時に髪の毛が不自然に表示される不具合を修正
○OASISのドローンに対するウィドウメイカーのグラップリング・フック作用を修正

マップ
○VOLSKAYA INDUSTRIESにて、崖から落ちて死亡した際に氷が割れない不具合を修正
○TEMPLE OF ANUBISにて、本来立ち入れない場所に移動できる不具合を修正
○EICHENWALDEにて、ソンブラが本来立ち入れない場所に移動できる不具合を修正

ユーザー・インターフェース
○Heroes of the Stormのプロモーション・ポートレートが取得後もロック状態で表示される不具合を修正
○既に観戦中のプレイヤーがいる場合に別のプレイヤーを観戦しようとした際、エラーメッセージが表示される不具合を修正
○チャット・ウィンドウがメイン・メニューの項目と重なって表示される不具合を修正
○リミテッド・デュエルにて、使用できないヒーローが正しく表示されない不具合を修正

20130602_D3RoS_launch.jpg

PS4®版『ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション』にて先日配信されたパッチ2.5.0では、武器庫や加工用素材に関するアップデートなど、様々な新機能が追加されています。

シーズン
定期的に発生するゲームモードです。プレイヤーはゴールド、リソース、アイテム、パラゴン経験値がない状態でノーマルとハードコアのキャラクターを最初から鍛えなおします。シーズンをプレイすることでしか手に入らない報酬やチャレンジが用意されています。

ランキング
シーズン・ゲームでは、さまざまなプレイヤー・データをもとにランキングが行われます。

武器庫
キャラクター毎に5つまで装備セットを保存できます。

加工用素材の保管
アイテムは所持品スペースを使用しなくなり、無制限に持てるようになります。

プライマル・エンシェント
レジェンダリー・アイテムとセット・アイテムがプライマル・エンシェントになる
可能性があります。これらのアイテムはすべての特性が今までのエンシェントを超えるステータスになる可能性があります。

報酬クエストの変更点
ボーナス章が削除されました。任意の章で報酬クエストを5つ完了すると、「ホラドリムの箱」および「ホラドリムの小箱」と同じ中身を含む「ホラドリムの大きな宝箱」が手に入ります。
20170222_OW_01

20170222_OW_02
世界有数の科学都市として知られるヌンバーニに、新たな寵児『エフィ・オラデレ』が旋風を巻き起こす―― 

ロボット工学と人工知能の分野で数多くの成果をあげた天才科学者は、まだ11歳の少女です。
そんな彼女は先月アダウェ基金の助成金を獲得し、今後の動向に注目が集まっています。

今週の「ヌンバーニ・スポットライト」では、エフィに直撃インタビューを敢行しました。


―まずは、受賞おめでとうございます。今どのようなお気持ちですか?

最高です!全然期待していなかったので、受賞にはすごく驚きました。最初は冗談かと思ったくらいで――友達がからかっているのかなって。受賞から一週間たった今でも現実味がないけど、とても嬉しいです。学校の自由研究で賞をもらった時なんて比べ物にならないくらい!

―なぜロボット工学と人工知能の道を選んだのですか? 

昔からずっと興味を持っていたんです。お母さんとお父さんに初めてロボットのセットをもらったとき、小さいドローンを造ることに夢中になって。うまくなってきたら、今度はお家のお手伝いをやってくれるロボットを造り始めたんです。両親は「ずる」だって言うけど、そんなことないですよね(笑) 

私は、みんなの生活を助ける物を造りたいんです。OR15みたいな、人々の安全を守るロボットを造り上げることが夢ですね!

―その歳ですでに数多くの実績をあげていますが、何か秘密はあるのでしょうか?

特にそのようなものはないですが、とにかくやるだけです!でも、私の場合は両親が反対しなかったので良かったとは思っています。ロボット造りは汚れることもあるし、お金がかかるから。

―お金と言えば、助成金を何に使うか決めていますか?コンピューター?それとも大学の学費?

そうですね...決めてはいますよ。

―教えてくれないんですか?

今はまだ秘密です。でも、お祝いに両親が旅行に連れて行ってくれるんですよ。初めて飛行機に乗るのでとても楽しみです。