TITLES

GAME NEWS New Entries

20121018_sf04_04.jpg

エージェント47七変化

敵陣に侵入する際の強い味方となるのが「変装」だ。侵入するエリアに適した変装をすることで、そのエリアを自由に動き回ることができるようになる。ただし変装した対象と同じグループに属する相手には変装を見破られてしまうことも。また、変装した対象が出入りできる場所もグループによって異なるため、警戒エリアに無理に近付けば警戒度があがり、攻撃を受けることになる。


20121018_sf04_05.jpg

庭師に変装した47。同じエリアにいる警備員には全く警戒されることなく周囲を探索できる。しかし庭師仲間にじっくりと観察されれば変装を見破られるので注意が必要だ。一定時間内に視線の外に移動するか、インスティンクトモードの「ブレンディング」を使用して周囲に溶け込みやり過ごせば変装を見破られずにすむ。


20121018_sf04_06.jpg

ターゲットが宿泊するホテルの清掃員に変装する47。清掃員に変装すればホテルへ侵入しても怪しまれることはないが、清掃員が行き来できる範囲は限られており、警戒エリアに近付けば容赦なく攻撃を受けることになる。


20121018_sf04_07.jpg

電気技師に変装する47。変装した状態でも死体を発見されたり、極端に怪しい行動を続けたりすれば警戒度があがる。一定時間が経過すると警戒度は下がるが、暗殺の瞬間や敵対行動の現場を発見されれば、即座に攻撃対象とみなされる。

どのステージであってもターゲットへ到達するまでのルートは複数用意されている。侵入ルートによっては変装せずともターゲットに近付くことができるだろう。

因みに一度も変装せず、47御馴染みのスーツのみでミッションをクリアする。などといったチャレンジも用意されている。


20121018_sf04_08.jpg

クラブのスタッフから衣装を奪い、クラブへと侵入。スタッフに変装していれば、バックヤードなども自由に行き来できるようになる。しかし、同じスタッフに見破られないよう慎重に行動する必要がある。


20121018_sf04_09.jpg

ターゲットを発見。マジックミラー越しに狙われているとも気づかずに...。

20121018_sf04_00.jpg

ステルスアクションである本作の醍醐味は如何に敵に姿を見せず、騒ぎを最小限にしてミッションをクリアするかにあるだろう。

ミッションの多くはターゲットの暗殺が目的となるが、中にはターゲットの安全を確保するものや、アイテムの入手が目的のものなど、様々なバリエーションが用意されている。

ただしどのようなミッションであっても舞台となるのは敵陣のど真ん中。47には仲間もおらず、ターゲットへ近付くには単身敵陣を進むしかない。

最善のルートや方法を選択すれば、誰にも見つからず、誰ひとり殺すことなくターゲットに近付くことができる。しかしそのためには敵の行動パターンを把握し、周囲の環境を巧みに利用するなど、高度なテクニックや高い集中力が必要とされるだろう。


20121018_sf04_01.jpg

敵陣のど真ん中、警戒エリアでは動くものすべてが敵とみなされる。姿を見せず、気配を消し、ターゲットへと近づく必要がある。


20121018_sf04_03.jpg

敵はそれぞれ独自の思考を持ち行動している。敵の思考を先読みし、利用することが47の道を切り拓くだろう。

20120928_sd_05

ミッションやストリートレースで稼いだ資金で、服飾品や車を購入できます。
良い物を手に入れるには資金だけでなく、【カリスマレベル】が必要になります。
カリスマレベルは各種ミッションやストリートレースなどで【カリスマポイント】を貯めることで上昇していき、ウェイの知名度を表しています。


20120928_sd_06

服を購入して外見をカスタマイズできます。特定の組み合わせでは攻撃力アップなどの攻撃力アップなど、効果(スキル)が得られます。色々なアイテムを試し、見た目だけでなくスキルにも拘ってみてください。


20120928_sd_07

また、特定の場所では怪しまれずに潜入するために変装をする場合もあります。


20120928_sd_10

20120928_sd_01

本作には車やバイク、ボートなどの様々な乗り物が登場します。
街中に停めてある車など、あらゆる乗り物を拝借して運転することができます。

20120928_sd_02

運転中もただ運転するだけではなく、
車から車へ飛び移る映画のような"スタントジャック"や、街中をハイスピード走りぬける違法なストリートレース、激しいカーチェイスも繰り広げられます。
カーチェイスでは銃撃や体当たりで車体を破壊したり、運転手を狙い撃ちにして足止めしたり、タイヤを撃って横転させてしまうこともできます。
ただし、攻撃に夢中になっていて気が付くと目の前に壁が迫っていてミッション失敗―、という事もある、気の抜けないハイスピードバトルを楽しめます。

20120928_sd_03
20120928_sd_04


20120927_sd_08

銃撃戦でも様々なアクションが可能です。
遮蔽物に身を隠すカバーアクションはもちろん、敵を捕まえ盾にしたり、爆発物を撃って誘爆させたり、映画の1シーンの様に車から飛び降りながら撃ったりする事もできます。


20120927_sd_09

また、遮蔽物から飛び出すなどの一部のアクションではスローモーションが発生する物があります。敵が多く厳しい状況でも、上手くスローモーションを利用することで、一気に敵を倒してピンチを切り抜けることもできます。


20120927_sd_10