TITLES

GAME NEWS New Entries

20100930_Lara_01.jpg

「トゥームレイダー」シリーズのスピンオフ作品として生まれた「ララ・クロフト」シリーズの一作目となる「ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト」 は、クォータービュー形式で表現された世界でアクションや謎解き、最大2人(最新作「テンプル オブ オシリス」では最大4人)でのオフライン/オンライン協力プレイをお楽しみ頂けます。

美しき冒険家ララの基本性能と協力プレイでの違い、そして冒険に欠かせないアーティファクト&トレジャーについて改めてご紹介します。

基本装備

「ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト」でララが使用できる基本的な装備は3つ。

  • 武器
武器はスロットに4つまでセットすることができる。御馴染の二丁拳銃は威力は劣るものの、弾数無制限。他にはアサルトライフルや火炎放射機などを使うことができる。二丁拳銃以外は、弾薬ゲージが設定されており、より強力な武器ほどゲージの消費スピードが速い。このゲージはマップ上にある壺などを壊すことで出現するアイテムを入手すれば回復する。

シングルプレイの場合、光の守護神トテックのアイテム「槍」も使用可能。二丁拳銃より強力で、壁に刺すことで足場にすることもできる優れモノだ。どれも謎解きにはかかせないアイテムとなっており、時には複数組み合わせることで新しい道が開くこともある。


20100930_Lara_02.jpg

  • 爆弾
爆弾は無制限に使うことができる便利なアイテムだ。爆発させたい場所に設置し、離れてから好きなタイミングで起爆することができる。敵に対して使用することは勿論、行く手を阻むオブジェクトを破壊したり、爆風でスイッチを作動させたりすることができる。

  • グラップル
こちらもララ御馴染のアイテム。金色のグラップルリングがある場所にひっかけることができる。グラップルをひっかけて高い場所へ登ったり、足場のない場所を渡ることができる。


20100930_Lara_03.jpg

  • 協力プレイ時
協力プレイ時は、トテックは「槍」と「盾」を、ララは「グラップル」をそれぞれ使うことができる。トテックは槍で足場を作ったり、盾で攻撃を防いだり、盾を頭上に掲げることでそれを足場にし、身軽なララをより高くジャンプさせることなどができる。槍の足場はトテックが飛び乗った場合折れてしまうので、要注意!


20100930_Lara_04.jpg

ララはグラップルを使ってトテックを引き上げたり、グラップルとワイヤーで足場を作ることができ、トテックはその上を渡ることができる。また、協力プレイ時なら一方のキャラクターが戦闘不能になっても一方のキャラクターが生き残っていれば瞬時に蘇生させることが可能。


20100930_Lara_05.jpg

アーティファクト&トレジャー

アーティファクトは入手し、装備することで攻撃力や防御力、スピードアップの効果を付与してくれるアイテムだ。同時に二つまで装備することができ、アイテムによってはマイナスの効果を持ったものもある。二つの能力を上手に組み合わせることで、ララの能力を伸ばして行こう。

トレジャーは主に攻撃時に能力を付加してくれるアイテムになる。パワーゲージがフルの際、装備しているトレジャーによって追加された能力が発揮される。爆弾の威力を上げたりライフを回復してくれたりと戦闘に役立つものが多い。

パワーゲージは「ノーダメージで敵を倒す」、「宝石を集める」ことで溜められる。パワーゲージのフル状態はダメージを受けるとリセットされてしまうので、敵の攻撃を上手くかわしつつ、トレジャーの能力を発揮させよう。

アーティファクトやトレジャーは「チャレンジの墓」と呼ばれる、罠や仕掛けが張り巡らされた部屋に隠されていることが多い。入口が青く光る部屋が「チャレンジの墓」の目印なので、見つけたら挑戦してみてよう。


20100930_Lara_06.jpg

また、各ステージに設定された目標、「リワードチャレンジ」をクリアすると、アーティファクト&トレジャー、ライフゲージや弾薬ゲージが追加されるなどのご褒美があるので、こちらも挑戦しない手はない。他にもスコアチャレンジを達成すれば強力な武器が手に入る。



20141022_LCTOO_key.jpg

ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス
「ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス」は2010年にダウンロード配信専用タイトルとして人気を博した「ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト」の続編となります。

「トゥームレイダー」シリーズのスピンオフ作品として生まれた本シリーズは、クォータービュー形式で表現された世界でアクションや謎解き、オンライン協力プレイなどをお楽しみ頂けます。

プレイヤーはダンジョンに張り巡らされた罠をかいくぐり、武器やリング(指輪)、特殊スキルが発動するアミュレットなど、数々のドロップアイテムを見つけ出し、キャラクターをカスタマイズし、立ちはだかる強敵に立ち向かいます。

前作「ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト」では2人までの協力プレイをお楽しみ頂けましたが、本作では最大4人までの協力プレイをお楽しみ頂けます。オンラインCo-opはもちろん、コントローラを用意すればオフラインでもCo-opプレイをお楽しみ頂けます。

また、協力プレイはシームレスに途中参加、離脱が可能です。ステージクリアを目指して仲間と共に力を合わせるか、スコアやお宝を求めて競い合うか、プレイスタイルに制限はありません。

STORY
舞台はエジプト砂漠に人知れず眠る「オシリスの神殿」。「オシリスの杖」を求めてたどり着いた神殿入口でライバル考古学者カーターに先を越されてしまったララ・クロフト。
功を焦ったカーターが不注意に杖に触れると、いにしえの罠が発動し、長い間眠りについていた"暗黒の王セト"が目覚め、二人は呪いにかけられてしまう...

しかしセトの復活と同時に呪縛から開放されたオシリスの妻"イシス"と息子"ホルス"から、呪いを解くためにはオシリスの復活が必要であることを聞かされ、ララ、カーター、イシス、ホルスの4人は共に冒険をすることとなる。

遺跡を探検するララ一行の行く手を阻む数々の罠、恐るべきモンスター、そしてセトの手に堕ちた伝説の神々たち...

世界征服を目論むセトに立ち向かうには、遺跡に眠るパーツを集めオシリスを復活させるしかない。世界の命運は今、ララの手に委ねられた...

20140818_d3ros_massacre.jpg

バトル関連の変更点

マサカー
"マサカー"はモンスターを10体以上連続して倒すと発動します。10体以上連続してモンスターを倒すと、画面上にキル数がカウントされ、連続キルが途切れるまでの時間が導火線となって表示されます。導火線が消えるまでに次のモンスターを倒すことで、キル数がカウントされ続け、連続キルが途切れると、それまでの連続キル数に応じて経験値ボーナスを得ることができます。
また、キル数に応じてパワー・オーブが出現しやすくなります。

トラップキル
前作にも登場したフィールド上の罠を利用してモンスターを倒すと、今作ではリソース(フューリーやマナ等)の増加が一時的にブーストされるようになります。

デストラクション
フィールド上の破壊可能なオブジェクト(樽や壷、設置物等)を破壊すると、移動速度が一時的にブーストされるようになります。連続して多数のオブジェクトを破壊し続けると、移動速度のブースト時間が延長されます。

ネメシス
ソロプレイ中にネメシスと呼ばれる強力なユニークモンスターに倒されてしまうと、フレンドのマップに登場するようになります。フレンドがネメシスを無事倒すことができれば、豪華なアイテムがドロップします。後述のプレイヤーギフトも同時にドロップするので、ネメシスを倒したフレンドからギフトが届くこともあります。フレンドがネメシスに倒された場合は、ネメシスが強化されて、また別のフレンドのマップに登場します。

マルチプレイ関連の変更点

見習いモード
マルチプレイはオンラインでもローカルでも最大四人で協力プレイをお楽しみ頂けます。本作では新たに見習いモードが追加され、Co-opでは参加メンバーの中のレベルが一番高いプレイヤーにレベルが自動調整されるようになりました。

メールボックス/ギフト
街に設置されたメールボックスを通して、フレンドにアイテムや宝石、ゴールドを送ることができるようになりました。また、レジェンダリー・アイテムと一緒にドロップする"プレイヤーギフト"というシステムも新たに追加されました。プレイヤーギフトには名前が記されており、該当するフレンドへ送ることができます。受け取った側は、好きなクラスでギフトを開くことが可能です。

20140815_d3ros_crusader.jpg

「ディアブロⅢ リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション」は、 ブリザード・エンターテインメントの歴史的ハック&スラッシュRPGシリーズの最新作として 2014年1月30日に発売された「ディアブロⅢ」本編に、その続編となる「第5章」を収録した 「リーパー オブ ソウルズ」が追加されたスペシャルパッケージです。 完全新規の物語となる第5章が追加され、サンクチュアリをめぐって新たな戦いが繰り広げられます。

「リーパー オブ ソウルズ」のストーリー

前作「ディアブロ Ⅲ」で究極の悪がひとりのネファレムによって討たれ、 サンクチュアリ(人間界)は希望と繁栄の時代を迎えたかに見えた。

しかし、この事件がきっかけとなり、悪魔よりも不吉な存在が人間界をおびやかすことになる。

長らく行方知れずとなっていた"知恵を司る大天使マルサエル"が 死の天使となってふたたび姿を現わし、究極の悪が封印された黒のソウルストーンを手に入れた時、サンクチュアリの運命は再びネファレムの手に委ねられる。

プレイヤーは英雄となって伝説の「ウェストマーチ」の街や「血の湿地帯」、「伏魔殿の砦」を旅し、 "死の天使マルサエル"の計画を挫くため、新たな戦いにその身を投じることになる。


「リーパー オブ ソウルズ」の新要素について

「リーパー オブ ソウルズ」では、完全新規のストーリーとなる第5章が追加されますが、 変更点はそれだけではありません。

新キャラクターの「クルセイダー」が追加され、 レベル上限が70に引き上げられます。 前作「ディアブロⅢ」本編に登場したバーバリアン、デーモン・ハンター、モンク、ウィッチ・ドクター、ウィザードも、 レベルが上がると新たなスキルを習得します。 

ほかにも、ディアブロシリーズの主要な要素に変更が加えられ、よりランダム化されたダンジョン、 新たなエリア、新たな強敵、新クエストが登場します。 もちろん強敵を倒したその先には、想像を絶する新たな報酬の数々が待っています。 

また、ルート・システムも大幅に改良されました。「リーパー オブ ソウルズ」では、 各キャラクターに特化したよりよい戦利品が手に入る"スマート・ドロップ"が実装され、 さまざまなレベルのレジェンダリー・アイテムが登場します。

アドベンチャー・モードについて

「リーパー オブ ソウルズ」では、大きく分けるとストーリー・モードとアドベンチャー・モードという 2つのモードをお楽しみいただけます。

ストーリー・モードでは、前作「ディアブロ Ⅲ」のストーリーI章~IV章までに加え、完全新規の物語となる第V章をお楽しみ頂けます。ストーリー・モードは一本道のモードで、ゲームに登場するすべてのクエスト、シネマティック、NPCとの会話などを堪能できます。

プレイヤーは世界の命運を左右する英雄となり、壮大なディアブロ・サーガの最新章を体験します。このモードは、前作「ディアブロ Ⅲ」本編と同じ感覚でプレイ可能です。

アドベンチャー・モードはプレイヤーの好きなようにゲームを楽しめる新しいモードです。 アドベンチャー・モードをプレイするためには、ストーリー・モードをクリアする必要があります。

このモードでは全てのウェイポイントがオープンになっており、プレイヤーは自由にサンクチュアリ各地を冒険することができます。 さらにアドベンチャー・モードではダンジョンやフィールドごとに設定された目的をクリアする"報酬クエスト"やランダムなダンジョンの奥深くに潜る"ネファレム・リフト"という2つの大きなチャレンジに挑み、プレイヤーの力量を試すことができます。

報酬クエストについて

サンクチュアリにはさまざまなイベントが用意されています。
新生ホラドリムの任務に協力し、絶えず変化する予測不能なクエストに挑み、完了すれば大量のゴールドや経験値はもちろん、多くのアイテムが詰まった"ホラドリムの箱"が手に入ります。また、異次元への扉を開く鍵"要石"も報酬クエストで獲得できます。
株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、Xbox 360版『MURDERED 魂の呼ぶ声』の発売日を以下の通り変更することを決定いたしました。


【変更前】発売日:2014年7月17日(木)
【変更後】発売日:2014年9月4日(木)


本作品は、日本国内では2014年7月17日(木)の発売を予定しておりましたが、この度、開発上の都合により、発売日を2014年9月4日(木)に変更いたします。

発売をお待ちいただいているお客様および関係者の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。