TITLES

HEADLINE New Entries

20170303_ow_01

●スキル・レート減衰について
シーズン4では、スキル・レート3000以上のプレイヤーは毎週7ゲーム以上を完了しない限りレートが自動的に下がり始めます。これによって、より正確なレートを算出できるようになり、複数の高レートアカウント保持が難しくなるうえ、高クラスに位置することにより大きな意味をもたらします。

マッチを1回完了するたびに、減衰の開始時間が24時間延長されます。そのため、1週間の間に7回マッチを完了する限り、減衰はしません。1日1回プレイすることも、1度に7回プレイすることも可能です。

500未満のスキル・レート表示について
昨シーズンでは各プレイヤーをより適切なクラスに配置できるよう、スキル・レートと認定マッチのメカニックを調整しました。総合的に見て、調整は成功したと考えています。

しかし、意図的に負けるようなプレイをし、可能な限り低いレートを目指すプレイヤーが一部存在したため、スキル・レート500未満のレートを表示しないように変更しました。ライバル・プレイは参加している全員が努力することで成り立っており、このようなプレイは決して推奨されるべきものではありません。

トップ500ランキング報酬について
これまではトップ500に一度入れば、限定スプレーとプレイヤー・アイコンをシーズン終了時に受け取ることができました。

報酬が確定してしまうと、シーズン最後までトップ500であり続けるモチベーションを失うプレイヤーが多かったため、シーズン4ではシーズン終了時にトップ500にランクインしているプレイヤーのみ報酬を受け取ることができます。シーズン終盤になればなるほど、より激しい戦いになることが予想されます。


20170303_ow_02

リスポーン遅延
アサルト、エスコート、アサルト/エスコートのハイブリッド・マップにおいて、目標やペイロードに防衛側のヒーローが立て続けに出入りすることで時間を稼ぐ戦法が多く使われていました。

しかし、この戦法によって防衛が勝利することは少なく、単に攻撃側を遅らせるだけであったため、目標/ペイロードが争奪中状態のときに攻撃側の数が防衛側の数を上回っている場合、一定時間後に防衛側のリスポーン時間が徐々に遅くなり始めます。遅延時間は最大値に達するまで増加し続け、防衛側の数が攻撃側を上回るとリセットされます。


20170303_ow_03


OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

●新機能「ゲーム・ブラウザー」追加
自分独自のカスタム・ゲームを作成し、フレンドやチームメイト、さらには世界中のプレイヤーと共有することができる「ゲーム・ブラウザー」が新登場。

「ゲーム・ブラウザー」は既存のカスタム・ゲーム・モードを大幅に拡張。ファラのロケット速度を上げたり、マクリーのコンバット・ロールのクールダウンをなくしたりなど、マップやモード、ヒーローをカスタマイズして自分だけのゲームを作成することができます。また、あなたの作品に参加できる人を「フレンドのみ」、「招待のみ」、あるいは誰もが参加できる「全員」から自由に設定することも可能です。 



●新モード「キャプチャー・ザ・フラッグ」追加
旧正月イベントで実装された「キャプチャー・ザ・ルースター」は、これまでのバトルの中でもトップクラスの人気を誇りました。そこで、人気バトルを引き続き楽しんでもらえるように、アーケードの常設バトルに「キャプチャー・ザ・フラッグ」を追加することになりました。対象マップはNEPAL、LIJIANG TOWER、ILIOS、OASISとなり、カスタム・ゲーム作成時は合計12個のマップから選ぶことが可能になっています。

●ヒーローのバランス調整
アナ
○新オプション:ナノ・ブースト感度
・ナノ・ブーストの照準感度を調整することが可能

バスティオン
○セントリー・モード
・モード変形時間を1.5秒から1.0秒に変更
・弾丸拡散50%増
・弾丸拡散が常に最大(撃ち続けることによって拡散が増加しない)
・マガジン・サイズを200から300発に増加
・クリティカル・ヒット判定廃止

○偵察モード
・弾丸拡散25%減
・マガジン・サイズを20から25発に増加

○自己修復
・移動中に修復可能
・ボタンをサブ攻撃に変更(以前はアビリティ2)
・ダメージを受けても修復が中断されない
・自己修復をチャージ制に変更(使用中は徐々にメーターが減り、使用していないとメーターがリチャージ)

○タンク・モード
・発動時の追加アーマーを廃止

○新パッシブ・アビリティ「アイアンクラッド」
・セントリーまたはタンク・モード中、被ダメージを35%減

開発者コメント:バスティオンの特長であるセントリー・モードの強力さを維持しつつ、偵察モードをより活かせるように調整しました。 セントリーは引き続きタンクやバリアに対して有効でありながら、そのうえ全体的にバスティオンの汎用性が向上しています。

D.Va
○ディフェンス・マトリックス
・敵の攻撃がマトリックスの範囲に入るまで一定距離を移動せずともブロックできるように変更

開発者コメント:マトリックスによってブロックするには、敵の飛翔体がマトリックスの有効範囲に入る前に一定距離を移動する必要がありました。そのため、チームメイトが敵に密着している場合(例:ロードホッグのフックに引っ張られたとき)はブロックすることができませんでした。今回の調整により、距離に関係なくディフェンス・マトリックスで敵の攻撃を破壊することが可能になっています。

メイ
○クリオフリーズ
・仲間がクリオフリーズで凍っているメイに照準を合わせることが可能に

マーシー
○リザレクト
・蘇生中は、蘇生された仲間と一緒にマーシーも一時的に無敵状態になる

○カデュケウス・スタッフ
・心頭滅却中のゼニヤッタに照準を合わせられないように変更

○新オプション:ガーディアン・エンジェル感度
・ガーディアン・エンジェルの照準感度を調整することが可能

○新オプション:ビーム感度
・カデュケウス・スタッフのビームの照準感度を調整することが可能

開発者コメント:マーシーのリザレクトはこれまでも強力なアビリティでしたが、多くの場合、マーシー自身を犠牲にしなければ効果的に使えませんでした。過去にもその脆弱性をカバーするような調整を試みていましたが、解決には至っていませんでした。今回の調整により、リザレクトを発動した際はチームと合流できるまで、ほぼ確実に生き延びられるようになっています。

ロードホッグ
○スクラップ・ガン
・弾丸拡散20%減

○チェイン・フック
・引き寄せた後の敵との距離を2mから3.5mに変更
・クールダウン時間を6秒から8秒に変更

開発者コメント:今回の調整によりチェイン・フックの威力は低下していますが、通常攻撃の効果が向上しています。

ソンブラ
○新オプション:ハック感度
・ハックの照準感度を調整することが可能

シンメトラ
○セントリー・タレット
・秒間ダメージを21から25.5に変更

開発者コメント:昨年7月にタレットの秒間ダメージを30%減らしましたが、ここ数か月間にわたってシンメトラのゲームプレイを調査した結果、15%程元に戻すことになりました。(PC版は引き続き秒間30ダメージのまま)

トールビョーン
○リベット・ガン
・リロード・アニメーション中により早く実際に弾が再装填される

○タレット設置
・ダメージを10から12に変更

開発者コメント:シンメトラ同様、トールビョーンのタレットも昨年7月に30%減らしました。ここ数か月にわたってタレットの効果を調査した結果、15%程ダメージを元に戻すことになりました。(PC版は引き続き14のまま) 

ウィドウメイカー
○新オプション:グラップリング・フック感度
・グラップリング・フックの照準感度を調整することが可能

ウィンストン
○クリティカル・ヒット判定のエリア15%減

開発者コメント:ウィンストンのクリティカル・ヒット判定エリアはとても大きく、被ダメージが高くなりがちでした。今回の調整により、他のヒーローと同程度になっています。

ザリア
○新オプション:バリア・ショット感度
・バリア・ショットの照準感度を調整することが可能

ゼニヤッタ
○新オプション:調和のオーブ感度
・調和のオーブの照準感度を調整することが可能

○新オプション:不和のオーブ感度
・不和のオーブの照準感度を調整することが可能

●ライバル・プレイ
一般
○500未満のスキル・レートが表示されないように変更

開発者コメント:スキル・レートをできるだけ下げるために、意図的に負ける行為が一部プレイヤーの間で確認されています。ライバル・プレイは全員が努力することで成り立つため、このような行為は決して推奨されるべきではありません。

●マップのバランス調整
一般
○リスポーン遅延
・アサルト、エスコート、アサルト/エスコートのハイブリッド・マップにおいて、攻撃側の数が防衛側の数を上回っている場合は、防衛側のリスポーン時間が徐々に遅くなります。遅延時間は最大値に達するまで、あるいは防衛側の数が攻撃側を上回るまで増加し続けます。

開発者コメント:目標やペイロードに防衛側のヒーローが立て続けに出入りすることで、時間を稼ぐ戦法が多く使われていました。しかし、この戦法によって防衛が勝利することは少なく、単に攻撃側を遅らせるだけであったため、このような調整に至りました。

EICHENWALDE
○ペイロードが2個目の門(城の扉)を通過した後、扉が閉じず、破壊された扉の残骸が通路の一部を塞ぐように変更。

開発者コメント:攻撃側が城の扉を通過した後、扉が閉じることで防衛側がとても有利に戦えるようになっていました。今回の調整により、攻撃側の突入手段が増え、マップの全体的なバランスが向上するはずです。

●バグ修正
一般
・目標確保音に関する不具合を修正(確保が進むにつれてピッチが上がるように修正)
・コミュニケーション・ホイールの割り当てが正しく表示されない不具合を修正
・コントロール・マップの第1ラウンド後に一部ボタンの割り当てがデフォルトに戻る不具合を修正
・マッチ終了後のカード獲得者がラウンド終了時に退出した場合、再計算されて別のプレイヤーに移行する不具合を修正
・プレイヤーがロビーを退出した後も経験値獲得の効果音が再生される不具合を修正
・バリアに対する環境ダメージが「ブロックしたダメージ」スタッツに加算されないよう修正

AI
・ ロードホッグのボットが敵をフックした後に回転する不具合を修正

ライバル・プレイ
・「残り60秒」及び「残り30秒」音声がマッチの2ラウンド目に再生されない不具合を修正

ヒーロー
・ルシオの「サウンド・バリア付与」スタッツが正しく計算されない不具合を修正
・ラインハルトのチャージが正しく敵をPINしない不具合を修正
・「ウージン」スキン着用時、ラインハルトのシールドにヒビが表示されない不具合を修正
・ロードホッグがフックで敵を引っ張る間に向きを変えられる不具合を修正
・ソンブラのトランズロケーターが空中で動かなくなる不具合を修正
・トレーサーのスプレー「チクタク」がギャラリーのサムネイルと一致しない不具合を修正

マップ
・EICHENWALDEの攻撃側リスポーン・エリアのコリジョンを調整し、プレイヤーがパイプの中で身動きが取れなくなる不具合を修正
・OASISでトールビョーンが階段の上にタレットを設置できるように変更
・LIJIANG TOWERにて、ハイライト・イントロの映像が建物の天井に入り込む不具合を修正

OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

●新シーズン・イベント:イヤー・オブ・ルースター
友達、家族と一緒に酉年をお祝いしよう!

オーバーウォッチに旧正月到来!3週間の期間限定イベントに参加してみませんか?
旧正月 トレジャー・ボックスから手に入る新アイテムは全部で100種類以上!さらに、LIJIANG TOWERを舞台に繰り広げられる6対6の新ゲーム・モード「キャプチャー・ザ・ルースター」追加!



一般アップデート
一般
・チームメンバーが「チーム維持」を選択した場合、ボタンが光るように変更
・ヒーロー編成画面からチーム・チャットに参加できるように変更(R1ボタン)
・しゃがみにわずかなクールダウン時間を追加

コミュニケーション・ホイール
・最大4種類のエモート、スプレー、ボイス・ラインを選択できるように変更
・コミュニケーション・ホイールからエモートとボイス・ラインのサブメニューにアクセスできるように変更
・任意のスプレー、エモート、ボイス・ラインを割り当てできるように変更

キル・フィード
・アビリティの使用をアイコンで表示
・ヘッドショットによるキルを赤いアイコンで表示

●ヒーローのバランス調整
アナ
・効果持続時間を5秒から4秒に変更
・味方への回復ブースト効果を50%軽減

開発者コメント: アナのバイオティック・グレネードによる回復ブーストは効果が非常に高く、特にライフ量の多いヒーローは一瞬で最大まで回復されていたため調整しました。

D.Va
○ライフ量を200から400に変更
○アーマー量を400から200に変更
○フュージョン・キャノン
・弾丸ダメージを3から2に変更
・1秒毎に発射される弾丸数を8から11に変更

開発者コメント: D.Vaはアーマー量が多く、リーパーなどタンクを得意とする敵を相手にしても弱点がないように思えました。また、フュージョン・キャノンの調整により全体的なダメージ出力は若干低くなりますが、より安定するようになるはずです。

ルシオ
○後ろ向きの「ウォール・ライド」をオプションとして追加
・有効にした場合、後ろに移動しながらウォール・ライドを開始することが可能

ロードホッグ
○チェイン・フック
・フックされたターゲットが、ロードホッグの目の前に引っ張られるように変更(ロードホッグが大幅に向きを変えた場合を除く)
・フックされたターゲットが、引っ張られる前にロードホッグの視界から出た場合はフックが外れるように変更
・視線チェック(フックの当たり判定)がフックの位置ではなく、ロードホッグの位置で判断されるように変更

開発者コメント: 今回の調整により、ロードホッグを使用するプレイヤーは安定して敵をフックすることが可能になります。また、ロードホッグを相手にするプレイヤーは角や遮蔽物の後ろから引っ張られることがなくなります。

ソンブラ
○ハック
・クールダウン時間を12秒から8秒に変更
・ハックに必要な時間を1秒から0.8秒に変更

開発者コメント: ソンブラは敵の後ろを取っても、ハックを完了できないことが多かったため、ハックに要する時間を短縮しました。

●バグ修正
一般
・マッチ終了後に観戦者が「チーム維持」を選択できる不具合を修正
・ソーシャル・メニューにて、「チーム維持」と「戻る」ボタンが重なる不具合を修正
・「ミステリー・ヒーロー」バトルの勝者チームを映し出す画面にて、各ヒーローが両手を横に突き出す「Tポーズ」で表示される不具合を修正
・テレポーター、シールド・ジェネレーター、タレットの破壊が正しくキル・フィードに表示されない不具合を修正

AI
・味方ラインハルトのバリア・フィールドが前にある場合、ロードホッグAIがチェイン・フックで敵を引っ張れない不具合を修正
・ソンブラAIがバリアを貫通してハックできる不具合を修正
・トールビョーンAIがタレット設置後に動かなくなる不具合を修正

ライバル・プレイ
・シーズン・オフ中にプレイした際に経験値を獲得できない不具合を修正

ヒーロー
・アナのビクトリー・ポーズ「トースト」のカップが画面右側でぼやける不具合を修正
・マクリーのエモート「ハットトリック」が正しく表示されない不具合を修正
・メイのアビリティ「クリオフリーズ」発動時にカウントダウンのタイマーが表示されない不具合を修正
・マーシーのスキン「ヴァルキリー」と「シグルン」着用時に、翼が不適切な位置に表示される不具合を修正
・シンメトラの「フォトン・バリア」が破壊された際に効果音が正しく再生されない不具合を修正
・トレーサーのボイス・ライン「了解!」を選択した際に違うセリフが再生される不具合を修正
・ウィドウメイカーの「ヴェノム・マイン」が壁に設置できない不具合を修正
・ゼニヤッタのスキン「ナットクラッカー」着用時に、「心頭滅却」を発動しても体が光らない不具合を修正

マップ
・OASISの一部プランターに乗るとファラのロケット燃料がチャージされない不具合を修正
・EICHENWALDEの橋の下でソンブラが動けなくなる不具合を修正
・ROUTE 66の岩の後ろでソンブラが動けなくなる不具合を修正
・WATCHPOINT: GIBRALTORでシンメトラが本来置けない場所に「シールド・ジェネレーター」を設置できる不具合を修正
・EICHENWALDEでウィドウメイカーが本来立ち入れない高所に移動できる不具合を修正
・ECOPOINT: ANTARCTICAでウィドウメイカーが本来立ち入れない場所に移動できる不具合を修正
・練習場のビジュアル・アセットを一部修正
・DORADOのピニャータが破壊されない不具合を修正
・OASISのGARDENにおける拠点の境界線を示すマーカーを修正
・OASISにあるガラスの手すりが近接攻撃で破壊されない不具合を修正

20170118_rottr_demo.jpg

"ライズ オブ ザ トゥームレイダー"体験版配信開始

昨年10月に発売された「トゥームレイダー」シリーズの最新作、PS4®版「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」の体験版を本日1月18日(水)より2月17日(金)までの期間限定で、PS Storeにて配信いたします。体験版では極寒の地シベリアから始まるララの新たな冒険を、ゲーム冒頭からお楽しみいただけます。体験版で作成されたセーブデータは本編ご購入後、そのまま引き継ぐことが可能です。なお、本作品は年齢別レーティングが「Z(18歳以上のみ対象)」となるため、ダウンロードにあたり諸条件がございます。下記詳細を必ずご確認ください。

「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」体験版 ダウンロード方法
「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」体験版は18歳以上対象のコンテンツとなるため、PS Storeにてご購入いただく必要がございます。配信価格は108円(税込)となり、ご購入いただくには、クレジットカードが必要です。コンテンツを購入するときに、ウォレットの残高にかかわらず、コンテンツの価格と同額がクレジットカードからウォレットにチャージ(入金)されます。その後、ウォレットからその金額が支払われます。

なお、2017年1月18日(水)~2月17日(金)の期間中に体験版をダウンロードしてくださった方へは、ご購入金額となる108円を、ご購入いただいたアカウントのウォレットに返金致します。ウォレットへの返金は2017年3月末までに行われる予定です。

※返金はご購入頂いたアカウントのウォレットへ行われます。現金での返金やクレジットカード会社を通しての返金ではありませんのでご注意ください。
 

PS4®版"ライズ オブ ザ トゥームレイダー"本編が今だけ30%OFF

体験版の配信を記念して、本日1月18日(水)より25日(水)までの8日間、PS4®版「ライズ オブ ザ トゥームレイダー(ダウンロード版)」をPS Storeにて30%OFFで販売いたします。この機会に是非「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」をお楽しみください。

期間:1月18日(水)~1月25日(水)
配信価格:5,800円(税抜)→ 4,060円(税抜)30%OFF!

OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

●新シーズン・イベント:ウィンター・ワンダーランド
オーバーウォッチにホリデー・シーズン到来!冬化粧をしたHANAMURAやKING'S ROWだけでなく、新しいバトル「メイの雪合戦」、さらに冬をテーマにした様々なカスタマイズ・アイテムなど、この季節限定のイベント「ウィンター・ワンダーランド」に参加しよう!



●一般アップデート
一般
・シンメトラの新ボイス・ラインを追加
・カスタム・ゲームでも1対1の「ミステリー・デュエル」と3対3の「エリミネーション」モードを選択可能に
・マッチ終了後も、チームメイトとグループを組んだまま続けられる「現在のチームを維持」機能を追加

●ヒーローのバランス調整
シンメトラ
・フォトン・バリア(新アビリティ)
これまでの「フォトン・シールド」を廃止し、「フォトン・バリア」を追加
敵の攻撃をブロックするバリアを前方に展開する。バリアはゆっくりと前進する

・シールド・ジェネレーター(新アルティメット・アビリティ)
これまでの「テレポーター」に加え、新たに追加された「シールド・ジェネレーター」と2つのアルティメットから選べるようになります
効果範囲内の味方にシールドを付与する装置を展開する(バリア、壁、障害物は関係なし)

・フォトン・プロジェクター
メイン攻撃の射程を5mから7mに変更

・セントリー・タレット
同時に所持できるタレットの数を3から6に変更
クールダウン時間を12秒から10秒に変更

・フォトン・シールド
「フォトン・バリア」と入れ替え

・テレポーター
ライフ量を200から50に変更
シールド量を0から350に変更

開発者コメント: シンメトラについては、まずアクティブなロールを果たせていなかったこと、そしてテレポーターの性質上、特定の状況や一部マップ及びゲーム・モードでは使いづらかったこと、この2点に対応すべきだと考えていました。

「フォトン・バリア」の追加により、攻撃側で味方を先導したり、防衛側で敵の攻撃をブロックしたり、以前の「フォトン・シールド」に比べて様々な役割を果たすことが可能になりました。

また多くのプレイヤーが、テレポーターが使いづらい状況になるとシンメトラから別のヒーローに変更していました(例えば、アサルト・マップの防衛チームの場合、最初の拠点でシンメトラを使用し、攻撃チームに取られた場合は別のヒーローに切り替えるなど)。
そのため、様々な状況でもシンメトラを有効に使えるよう、アルティメット・アビリティを従来の「テレポーター」と新しい「シールド・ジェネレーター」の2つから選べるようにしました。「シールド・ジェネレーター」は敵にとって「テレポーター」と同様、優先的に対応する必要があるアビリティですが、より汎用的に使用することができます。 

さらに、タレットの調整により、より素早く展開し直すことが可能になりました。全タレットが破壊されても、敵に突入される前に態勢を立て直すことができます。 

最後に「フォトン・プロジェクター」の射程を伸ばしたことにより、標的を常に捉え続け、攻撃をチャージしやすくなっています。 

ザリア
・パーティクル・バリア/バリア・ショット
ラインハルトの「ファイア・ストライク」やハンゾーの「龍撃波」など、バリア及びその中にいるヒーローにもダメージを与える攻撃を受けた場合、バリアが2回攻撃判定を受けないように変更

開発者コメント: これはバグ修正ですが、大きな変更となるため分けて記載することにしました。いわゆる「貫通」ダメージがバリアに2回当たると、状況によっては簡単にエネルギーをチャージすることができたり(ラインハルトのファイア・ストライクをわざと受けるなど)、あるいは非常に大きなダメージを受けることがありました(ゲンジの龍撃剣一振りで2回バリアに当たるため、一撃でバリアが破壊される)。今回の変更でザリアを上方あるいは下方修正する意図はなく、アビリティが正しく挙動するよう修正しただけですが、バランスへの影響は今後も見守っていきます。

●バグ修正
一般
・[PS4 Pro] 4Kディスプレイで一部UI要素が正しく表示されない不具合を修正
・ヒーロー編成画面で他のプレイヤーと同じヒーローを選択できるが、スポーン後に選択し直さなければならなくなる不具合を修正
・フレンドを観戦しようとした際に、プレイヤー対AIのマッチに強制的に参加させられる不具合を修正
・ラウンド終了と同時にヒーローを変更した場合、画面が暗転する不具合を修正

AI
・コントロールのマッチ終了後、ボットがアビリティを使用したり敵を攻撃したりできないよう変更
・1対1モードでアナが選択されない不具合を修正

アーケード
・進行中の3対3マッチに参加した場合、正常にXPが付与されない不具合を修正
・1対1及び3対3マッチにおけるハイライト・イントロやPLAY OF THE GAMEで名前が正しく表示されない不具合を修正
・3対3マッチでリスポーン・タイマーが消えない不具合を修正

ライバル・プレイ
・一人以上のプレイヤーが同じヒーローを選択できてしまう不具合を修正

ヒーロー
・D.Vaのメックが破壊された際、ネームプレートが表示されず0と表示される不具合を修正
・D.Vaが真下を向くと、「自分」インジケーターが表示される不具合を修正(通常であればキルカメラで表示される)
・D.Vaのディフェンス・マトリックスの変更をビデオチュートリアルに反映
・ゲンジの剣が鞘からはみ出る不具合を修正
・ジャンクラットがコンカッション・マインを起爆した際に、スティール・トラップのアニメーションが再生される不具合を修正
・エモート使用後、ラインハルトのハンマーが見えなくなることがある不具合を修正
・ロードホッグのスクラップ・ガンのサブ攻撃精度に影響を与えていた不具合を修正
・ソンブラによってアルティメット・アビリティが阻止されても、ボイス・ラインが最後まで再生される不具合を修正
・アルティメット・アビリティ発動時、トールビョーンのハンマー効果音が再生されない不具合を修正
・ウィドウメイカーのグラップリング・フックが、シンメトラのテレポーターを通過した後にクールダウンに入る不具合を修正
・マーシーのカデュケウス・スタッフで味方の攻撃力を上げている際、その味方が敵にダメージを与えていなくともマーシーのアルティメットがチャージされる不具合を修正
・ソンブラにハックされた後、ラインハルトがバリア・フィールドを解除できない不具合を修正
・ソンブラのハックがソルジャー76のダッシュをキャンセルしない不具合を修正
・ソンブラのEMPがシンメトラのタレットに当たっても、オン・ファイア・メーターに加算されないよう変更
・複数のソンブラがライフ・パックをハックした際、最初にハックしたプレイヤーがコントロールできるように変更
・練習場にて、ライフが低くなったボットがソンブラのオポチュニスト・アビリティによって表示されない不具合を修正
・ソンブラのマシン・ピストル使用時に、レティクルの拡大がバラバラになる不具合を修正

マップ
・WATCHPOINT: GIBRALTARでソンブラが本来立ち入れない場所に移動できる不具合を修正
・KING'S ROWで、まれにマーシーがリザレクトを使えなくなる不具合を修正