TITLES

Overwatch New Entries

20170915_OW_01

9月23日から9月26日まで、無料体験版の実施が決定いたしました。

無料体験版では25人のヒーロー、16のマップがご利用頂け、クイック・プレイ、カスタム・ゲーム、アーケードなどをお楽しみ頂けます。レベルアップも可能で、レベルアップ時にはカスタマイズ・アイテムが入手できるトレジャー・ボックスも獲得できます。
体験版でのレベルや、入手したカスタマイズ・アイテムは、同じアカウントでオーバーウォッチをご購入頂いた際には製品へと引き継がれます。

本体験版をお楽しみ頂くにはPS Plus への加入が必要です。

まだプレイしたことのない方もこの機会に是非お試しください。

●期間限定無料体験版のプレイ可能期間

9月23日 3:00 ~ 9月26日 15:59


 
OW_GOTYlogo.jpg

PS4 パッケージ版「オーバーウォッチ ゲームオブザイヤー・エディション」販売決定。

2016年に発売し、数々の賞を受けたチーム対戦型アクション・シューティング オーバーウォッチのゲームオブザイヤーエディションをPS4用パッケージ版を販売いたします。

商品名
オーバーウォッチ ゲームオブザイヤー・エディション
発売日
2017年10月5日(木)
※ダウンロード版はPlayStation®Storeにて配信中
対応機種
PlayStation®4
希望小売価格
7,800円(+税)
備考
本作はオンラインマルチプレイ専用タイトルです。プレイの際にはインターネット接続とPlayStation®Plusへの加入が必要です。

オーバーウォッチ ゲームオブザイヤー・エディションには、ゲーム内で使用可能なスキンやスプレーなどのカスタマイズ・アイテムがランダムで手に入るトレジャー・ボックス10個と、リーパー用『ブラックウォッチ・レイエス』、ソルジャー76用『ストライクコマンダー・モリソン』、バスティオン用『オーバーグロウン・バスティオン』、ファラ用『セキュリティチーフ・ファラ』、トレーサー用『スリップストリーム・トレーサー』の5つのスキンが付属いたします。


特典スキン.jpg

さらに以下のBlizzard Entertainment製ゲームの特典もご利用頂けます。
HEROES OF THE STORM®:ヒーロー「トレーサー」、WORLD OF WARCRAFT®:ベビー・ウィンストン・ペット、HEARTHSTONE®:オーバーウォッチ カード・バック、DIABLO®III:マーシーの眼差し、STAR CRAFT®Ⅱ:インゲーム・ポートレート

20170705_OW_ToNUMBANI_640.jpg

収容所襲撃事件の詳細が判明

20170705_OW_HELIX_200.jpg ヌンバーニ -- 最高クラスのセキュリティを誇るヘリックス・セキュリティ・インターナショナルの収容所で発生した事件から3か月経った今、新たな情報が公開された。世界で最も危険な凶悪犯罪者を収容する同施設だが、これまで事件の詳細について沈黙を保ち続けていた。しかし、先日ヌンバーニで起きた騒動を経て、収容所がタロンの襲撃を受けていたこと、そしてその目的はアカンデ・オグンディム、別名ドゥームフィストの脱獄幇助だったことが発覚した。

事件当日早朝、正体不明の航空機が施設に接近。レーダースキャンの結果、当初は無人だと思われており、さらに航空機は施設の防衛システムを素通りしていた。そのためヘリックス内にタロンの内通者がいたのではないかと推測する声もある。また、監視カメラの映像では、航空機から黒い影のようなものが施設に降り立つ様子が確認されており、ヘリックスの警備員が対応に向かうも12名以上が瞬く間に死亡。被害者の傷跡及び細胞変性を調査した結果、リーパーの名で知られる傭兵が関与したとされる事件のものと一致しており、襲撃の首謀者がタロンであることを決定づけた。

ヘリックス関係者は、オグンディム以外の脱獄者の存在やその他盗品の有無を明らかにしていないが、別の情報源によると他にも被害があった可能性は高い。



20170705_OR15_broke.jpg

ヘリックスは施設から脱獄を許した後、オグンディムの姿を見失っていた。しかし、先日ヌンバーニに突如として現れ、アダウェ国際空港で新たに導入されたOR15警備ロボット部隊を壊滅、「ドゥームフィスト」ガントレットを奪っていった。

世界を守る治安維持組織として近年脚光を浴びるようになったヘリックスだが、今回の事件だけでなく、同社が所持するエジプトの極秘施設が襲撃を受けたことなども踏まえ、疑問の声があがり始めている。その一方で、増え続ける脅威に対応すべく、UNはヘリックスに追加資金を提供することを決定した――オーバーウォッチの解体を受けて増加の動きがみられる治安維持の民営化に異論を唱える人々にとっては、耳が痛い話になりそうだ。

20170530_OW_ATLAS_NEWS.png

通信が途絶えてから数年、沈黙を続けていたホライズン・ルナ・コロニーだが、本日そのプログラムに関する新たな情報が公開された。

本日の記者会見で、Lucheng Interstellar社はコロニーのデータベース及び管理システムが現在も稼働しているという驚きの事実を発表した。直接コンタクトはできていないものの、同社は地球との通信が途絶える直前に行われたスタッフ同士の連絡ログを取得している。


20170530_OW_01


20170530_OW_02


20170530_OW_03


20170530_OW_04


20170530_OW_05


速報:

Lucheng Interstellar社は本日、コロニーで現在も稼働し続けている管理システムの写真を公開。同社の広報担当者いわく、接続は不安定だが、新たな情報を取得すべく力を尽くしているとのこと。

20170530_OW_Lunar