TITLES

VIDEO New Entries

OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

●新機能「ゲーム・ブラウザー」追加
自分独自のカスタム・ゲームを作成し、フレンドやチームメイト、さらには世界中のプレイヤーと共有することができる「ゲーム・ブラウザー」が新登場。

「ゲーム・ブラウザー」は既存のカスタム・ゲーム・モードを大幅に拡張。ファラのロケット速度を上げたり、マクリーのコンバット・ロールのクールダウンをなくしたりなど、マップやモード、ヒーローをカスタマイズして自分だけのゲームを作成することができます。また、あなたの作品に参加できる人を「フレンドのみ」、「招待のみ」、あるいは誰もが参加できる「全員」から自由に設定することも可能です。 



●新モード「キャプチャー・ザ・フラッグ」追加
旧正月イベントで実装された「キャプチャー・ザ・ルースター」は、これまでのバトルの中でもトップクラスの人気を誇りました。そこで、人気バトルを引き続き楽しんでもらえるように、アーケードの常設バトルに「キャプチャー・ザ・フラッグ」を追加することになりました。対象マップはNEPAL、LIJIANG TOWER、ILIOS、OASISとなり、カスタム・ゲーム作成時は合計12個のマップから選ぶことが可能になっています。

●ヒーローのバランス調整
アナ
○新オプション:ナノ・ブースト感度
・ナノ・ブーストの照準感度を調整することが可能

バスティオン
○セントリー・モード
・モード変形時間を1.5秒から1.0秒に変更
・弾丸拡散50%増
・弾丸拡散が常に最大(撃ち続けることによって拡散が増加しない)
・マガジン・サイズを200から300発に増加
・クリティカル・ヒット判定廃止

○偵察モード
・弾丸拡散25%減
・マガジン・サイズを20から25発に増加

○自己修復
・移動中に修復可能
・ボタンをサブ攻撃に変更(以前はアビリティ2)
・ダメージを受けても修復が中断されない
・自己修復をチャージ制に変更(使用中は徐々にメーターが減り、使用していないとメーターがリチャージ)

○タンク・モード
・発動時の追加アーマーを廃止

○新パッシブ・アビリティ「アイアンクラッド」
・セントリーまたはタンク・モード中、被ダメージを35%減

開発者コメント:バスティオンの特長であるセントリー・モードの強力さを維持しつつ、偵察モードをより活かせるように調整しました。 セントリーは引き続きタンクやバリアに対して有効でありながら、そのうえ全体的にバスティオンの汎用性が向上しています。

D.Va
○ディフェンス・マトリックス
・敵の攻撃がマトリックスの範囲に入るまで一定距離を移動せずともブロックできるように変更

開発者コメント:マトリックスによってブロックするには、敵の飛翔体がマトリックスの有効範囲に入る前に一定距離を移動する必要がありました。そのため、チームメイトが敵に密着している場合(例:ロードホッグのフックに引っ張られたとき)はブロックすることができませんでした。今回の調整により、距離に関係なくディフェンス・マトリックスで敵の攻撃を破壊することが可能になっています。

メイ
○クリオフリーズ
・仲間がクリオフリーズで凍っているメイに照準を合わせることが可能に

マーシー
○リザレクト
・蘇生中は、蘇生された仲間と一緒にマーシーも一時的に無敵状態になる

○カデュケウス・スタッフ
・心頭滅却中のゼニヤッタに照準を合わせられないように変更

○新オプション:ガーディアン・エンジェル感度
・ガーディアン・エンジェルの照準感度を調整することが可能

○新オプション:ビーム感度
・カデュケウス・スタッフのビームの照準感度を調整することが可能

開発者コメント:マーシーのリザレクトはこれまでも強力なアビリティでしたが、多くの場合、マーシー自身を犠牲にしなければ効果的に使えませんでした。過去にもその脆弱性をカバーするような調整を試みていましたが、解決には至っていませんでした。今回の調整により、リザレクトを発動した際はチームと合流できるまで、ほぼ確実に生き延びられるようになっています。

ロードホッグ
○スクラップ・ガン
・弾丸拡散20%減

○チェイン・フック
・引き寄せた後の敵との距離を2mから3.5mに変更
・クールダウン時間を6秒から8秒に変更

開発者コメント:今回の調整によりチェイン・フックの威力は低下していますが、通常攻撃の効果が向上しています。

ソンブラ
○新オプション:ハック感度
・ハックの照準感度を調整することが可能

シンメトラ
○セントリー・タレット
・秒間ダメージを21から25.5に変更

開発者コメント:昨年7月にタレットの秒間ダメージを30%減らしましたが、ここ数か月間にわたってシンメトラのゲームプレイを調査した結果、15%程元に戻すことになりました。(PC版は引き続き秒間30ダメージのまま)

トールビョーン
○リベット・ガン
・リロード・アニメーション中により早く実際に弾が再装填される

○タレット設置
・ダメージを10から12に変更

開発者コメント:シンメトラ同様、トールビョーンのタレットも昨年7月に30%減らしました。ここ数か月にわたってタレットの効果を調査した結果、15%程ダメージを元に戻すことになりました。(PC版は引き続き14のまま) 

ウィドウメイカー
○新オプション:グラップリング・フック感度
・グラップリング・フックの照準感度を調整することが可能

ウィンストン
○クリティカル・ヒット判定のエリア15%減

開発者コメント:ウィンストンのクリティカル・ヒット判定エリアはとても大きく、被ダメージが高くなりがちでした。今回の調整により、他のヒーローと同程度になっています。

ザリア
○新オプション:バリア・ショット感度
・バリア・ショットの照準感度を調整することが可能

ゼニヤッタ
○新オプション:調和のオーブ感度
・調和のオーブの照準感度を調整することが可能

○新オプション:不和のオーブ感度
・不和のオーブの照準感度を調整することが可能

●ライバル・プレイ
一般
○500未満のスキル・レートが表示されないように変更

開発者コメント:スキル・レートをできるだけ下げるために、意図的に負ける行為が一部プレイヤーの間で確認されています。ライバル・プレイは全員が努力することで成り立つため、このような行為は決して推奨されるべきではありません。

●マップのバランス調整
一般
○リスポーン遅延
・アサルト、エスコート、アサルト/エスコートのハイブリッド・マップにおいて、攻撃側の数が防衛側の数を上回っている場合は、防衛側のリスポーン時間が徐々に遅くなります。遅延時間は最大値に達するまで、あるいは防衛側の数が攻撃側を上回るまで増加し続けます。

開発者コメント:目標やペイロードに防衛側のヒーローが立て続けに出入りすることで、時間を稼ぐ戦法が多く使われていました。しかし、この戦法によって防衛が勝利することは少なく、単に攻撃側を遅らせるだけであったため、このような調整に至りました。

EICHENWALDE
○ペイロードが2個目の門(城の扉)を通過した後、扉が閉じず、破壊された扉の残骸が通路の一部を塞ぐように変更。

開発者コメント:攻撃側が城の扉を通過した後、扉が閉じることで防衛側がとても有利に戦えるようになっていました。今回の調整により、攻撃側の突入手段が増え、マップの全体的なバランスが向上するはずです。

●バグ修正
一般
・目標確保音に関する不具合を修正(確保が進むにつれてピッチが上がるように修正)
・コミュニケーション・ホイールの割り当てが正しく表示されない不具合を修正
・コントロール・マップの第1ラウンド後に一部ボタンの割り当てがデフォルトに戻る不具合を修正
・マッチ終了後のカード獲得者がラウンド終了時に退出した場合、再計算されて別のプレイヤーに移行する不具合を修正
・プレイヤーがロビーを退出した後も経験値獲得の効果音が再生される不具合を修正
・バリアに対する環境ダメージが「ブロックしたダメージ」スタッツに加算されないよう修正

AI
・ ロードホッグのボットが敵をフックした後に回転する不具合を修正

ライバル・プレイ
・「残り60秒」及び「残り30秒」音声がマッチの2ラウンド目に再生されない不具合を修正

ヒーロー
・ルシオの「サウンド・バリア付与」スタッツが正しく計算されない不具合を修正
・ラインハルトのチャージが正しく敵をPINしない不具合を修正
・「ウージン」スキン着用時、ラインハルトのシールドにヒビが表示されない不具合を修正
・ロードホッグがフックで敵を引っ張る間に向きを変えられる不具合を修正
・ソンブラのトランズロケーターが空中で動かなくなる不具合を修正
・トレーサーのスプレー「チクタク」がギャラリーのサムネイルと一致しない不具合を修正

マップ
・EICHENWALDEの攻撃側リスポーン・エリアのコリジョンを調整し、プレイヤーがパイプの中で身動きが取れなくなる不具合を修正
・OASISでトールビョーンが階段の上にタレットを設置できるように変更
・LIJIANG TOWERにて、ハイライト・イントロの映像が建物の天井に入り込む不具合を修正

OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

●パッチハイライト
新ヒーロー:ソンブラ(オフェンス)
新ヒーローがついに登場!悪名高いハッカー「ソンブラ」は、情報を駆使して人を操る... 
ソンブラは敵をハックし、一時的にアビリティの使用を阻止することが可能。また、ライフ・パックやトールビョーンのタレットをハックすることもできます。メイン武器はフルオートの「マシン・ピストル」、アビリティのひとつ「光学迷彩」では一定時間透明になり、移動速度が向上します。素早く、そして気づかれることなく敵の裏を取ることができますが、ダメージを受ける、あるいは自身が攻撃に転じると迷彩は解除されます。さらに、「トランズロケーター」はグレネードのように投げることができ、発動すると投げた場所へテレポートします(空中も可能)。
ソンブラのアルティメット・アビリティは広範囲に電磁波を放つ「EMP」。範囲内の敵は全てハックされ、さらにバリアとシールドが破壊されます。 



新要素:アーケード
アーケードでは、これまでとは一味違うオーバーウォッチを体験することができます。クイックやライバル・プレイとは異なるゲーム・モード、マップ、ルールセットが定期的にローテーションしていきます。1対1、3対3や、様々な「バトル」、「ヒーロー切り替え禁止」の特殊ルールなど、その日の気分にあったモードが必ず見つかるはず。また他のモード同様、XP(経験値)を獲得できるうえ、トレジャー・ボックス報酬を手に入れることもできます。

新アリーナ・マップ:ECOPOINT: ANTARCTICA
気候学者メイ=リン・チョウが以前派遣されていたオーバーウォッチの施設、Ecopoint: Antarcticaが新マップとして登場。メイを含む学者たちが異常気候を調査している際、大嵐が施設を直撃。食料も底をついた調査チームは、最後の手段として自らを数か月の間コールドスリープにかけ、嵐をやり過ごそうとしました。しかし、メイが目を覚ました時は嵐から10年経過していたのです... 
Ecopoint: Antarcticaはコンパクトなアリーナ・マップ。3対3のバトルや、1対1のデュエルを楽しむことができます。アーケードで早速体験してみましょう!

ライバル・プレイ シーズン3
ライバル・プレイのシーズン2は、11月24日の午前9時に終了、シーズン3は12月1日の午前9時に開幕する予定です。1週間のシーズンオフ期間中もライバル・プレイのルールセットでプレイすることは可能ですが、スキル・レートの変動はなく、またライバル・ダストは手に入りません。 
また、シーズン3では、プレイヤーのクラス分布における偏りをなくすためにスキル・レートの評価システムを調整します。そのため、多くの場合、以前のシーズンよりレートが低くなります。 

開発者コメント: シーズン2では、プラチナ及びゴールドクラスの人数が当初想定していた数より多くなっていました。つまり、同クラス内でもプレイヤーのスキル・レベルに大きな差が出てしまい、また認定マッチで実際のスキルより高いランキングを獲得するケースが多くみられていました。その場合は最初の2、3マッチでスキル・レートを下方に調整していましたが、シーズン3では、認定マッチ直後のレートが低めに設定され、シーズン開始と共に上げていくことが可能になります。充分な数のマッチをこなした後、レート変動は通常に戻ります。

●一般アップデート
一般
○PlayStation 4 Proに対応
○ロード時間を短縮、ストレージの必要容量を減少させるデータ・フォーマットの改善を実施 
○レベルアップに必要なXP(経験値)の量を調整
 ・レベル2から13までに必要なXPは変更なし
 ・レベル14から100までに必要なXPを若干減少
 ・レベル100以降に必要なXPを20,000に固定、昇級してもリセットされないように変更

開発者コメント: これまでの分布曲線ではレベル100到達後に昇級すると、必要XPがリセットされるため、レベル23まで非常に早くレベルアップすることができていました(1~23、101~123、201~203など)。このシステムは概ね問題なく機能していましたが、昇級直後にプレイをやめ、シーズン・イベントまで待機するプレイヤーが多く見られたため、昇級後(レベル100以降の全レベル)はリセットせず、レベルアップに必要なXPを20,000に固定しました。これにより、昇級後に再びレベルを100あげるのに必要となる総合XP量はさほど変わりませんが、最初のレベル100まで到達するのに必要なXP量(昇級前)は若干減っています。

○クイック・プレイのマッチにおけるヒーロー重複禁止

開発者コメント: ライバル・プレイにおけるヒーロー重複禁止ルールに対する皆さんのフィードバックを参考にし、クイック・プレイでも同様のルールを設けることで、マッチのバランス及び安定性が向上すると考えました。しかし、チーム内に同じヒーローが複数いるゲームプレイを楽しんでいる方々も多くいるため、アーケードに専用の「ノー・リミット」モードを設けました。こちらは従来のクイック・プレイのルールセットで行われるため、ヒーローの選択制限は一切ありません。

○カスタム・モードにおける観戦者スロットを6から12に増加 

●ヒーローのバランス調整
一般
・プレイヤー以外(トールビョーンのタレットやシンメトラのテレポーターなど)にダメージを与えてもアルティメット・アビリティがチャージされないように変更
・全ヒーローのアルティメット・コストが25%アップ

開発者コメント: アルティメット・アビリティはゲームの流れを変える強力なアビリティですが、発動頻度が高すぎる傾向がありました。今回の調整により、乱発を抑えつつも、アルティメットの脅威を保てるようになっています。

アナ
○ナノ・ブースト
 ・移動速度の向上を廃止

開発者コメント:アナのナノ・ブーストによって移動速度が強化されたヒーローは、止めようがないことが多く、また移動速度アップの恩恵をフルに活かせるヒーローにしかナノ・ブーストが付与されない傾向がみられていました。今回の調整により、より多くのヒーローにナノ・ブーストを付与する機会が増えるとともに、ブーストされた敵を抑えやすくなりました。

D.Va
○メック召喚
 ・アルティメット・コストが20%ダウン
○メックのライフを100から200に変更。アーマー量は依然として400のまま
○射撃時の移動速度が25%アップ

開発者コメント: 今回の調整により全ヒーローのアルティメット・コストが上がっていますが、D.Vaの場合は2種類目のアルティメット・コストを下げたため、使用感に大きな変更はありません。またその他の調整により、D.Vaは以前より安定して敵にプレッシャーを与え続けられるようになっています。

ルシオ
○アンプ・イット・アップ
 ・回復量/秒が10%ダウン

開発者コメント: ルシオの回復量は他のヒーラーと比べて同等(あるいは高い)なうえ、その他のアビリティにより必須のピックとなっていたため、調整を入れることになりました。

メイ
○ブリザード
 ・アルティメットのコストが15%アップ

開発者コメント: 直近のアップデートでブリザードの有効半径が増加され、ゲームに与える影響もより大きくなりましたが、発動頻度が高くなっていたため、調整を入れることになりました。

マーシー
○ダメージを受けずに1秒経過するとライフ自動回復が開始するように変更(以前は3秒)

開発者コメント:: この調整により、マーシーの生存能力が高くなりました。 

ファラ
○ロケット・ランチャー
 ・最小爆発ダメージが13%アップ 
 ・最小爆発ノックバックが0%に変更
○ジャンプ・ジェット
 ・飛翔力が35%アップ

開発者コメント:ロケットによる爆発ダメージが強化されたことで、固まった場所にいる複数の敵に対してより効果的に攻撃することができます。また、ジャンプ・ジェットが強化されたことにより、ホバー中の機動力がアップしています。

ソルジャー76
○ヘビー・パルス・ライフル
 ・弾丸ダメージを17から20に増加
 ・弾丸の最大拡散を2.2から2.4に変更

開発者コメント: 同じ立ち位置のヒーローと比べて、ソルジャー76のダメージ出力は低く感じられました。なお、今回のダメージ強化は通常攻撃及び、アルティメット発動時にも適用されます。

トールビョーン
○スクラップが時間経過と共に自動的に生成されるよう変更
○倒れた敵から収集するスクラップ量が40%ダウン
○フォージ・ハンマー
 ・ハンマーのスイング・スピードが25%アップ
 ・ダメージが27%アップ

開発者コメント: アーマー・パックはトールビョーンのアビリティの中でも重要な要素のひとつですが、スクラップ収集が難しく、チームが必要としているときにアーマーを提供することができないケースが多くみられていました。一方で、敵チームをある程度の時間抑えることができた場合はスクラップが大量に集まり、常時アーマーを付与することで敵チームに逆転の目途が立たない状況になっていました。そのため、スクラップが自動的に生成されるようにし、一方で敵から拾えるスクラップ量を減らすことでバランスを取りました。また、ハンマーを振り下ろす速度がアップしたため、以前より素早くタレットをレベル2にアップグレードすることができます。

ウィドウメイカー
○ヴェノム・マイン
 ・設置したプレイヤーがマインのダメージを受けないように変更
○ウィドウズ・キス
 ・チャージ速度が20%アップ

開発者コメント:今回の調整により、ウィドウメイカーをより汎用的に使用できるようになり、反射的に撃った場合でも大きなダメージを与えることができます。

ザリア
○パーティクル・バリア
 ・バリアによる攻撃力上昇率が20%ダウン
○バリア・ショット
 ・バリアによる攻撃力上昇率が20%ダウン

開発者コメント: 最大チャージ時のダメージ出力を考えると、ザリアは必須のピックとなっていました。今回の調整により、最大ダメージ出力は変わりませんが、最大チャージまで溜めることが若干難しくなりました。 

●ユーザー・インターフェース
一般
・アーケードをプレイ中、ロード画面でゲーム・モードが表示されるように変更

●バグ修正
一般
・「回復したライフ最大量」投票が正しく機能しない不具合を修正
・ソーシャルメニューにおける「最近のプレイヤー」項目の列が重なって表示される不具合を修正
・フレンドリストの4つ目の列が正しく表示されるように修正
・コントローラを使ってビデオオプションを設定する際に発生していたナビゲーション・エラーを修正
・無操作状態が練習場で続いた場合、退出するよう変更

AI
・ILIOSにて、マクリーのボットが井戸の中にコンバット・ロールする不具合を修正
・TEMPLE OF ANUBISにて、ボットが目標B付近の壁にスタックする不具合を修正
・VOLSKAYA INDUSTRIESにて、ボットが特定箇所を通れなくなっていた不具合を修正

ライバル・プレイ
・アサルト・マップにて、オーバータイムがいつまでも続く不具合を修正
・11人しか接続していない状況でマッチが開始される不具合を修正

ヒーロー
・戦績にてアナの回復スタッツが表示されない不具合を修正
・アナを使用し、ズームした際にカスタム・レティクルが表示されない不具合を修正
・特定スキン着用時に、ゲンジのハイライト・イントロ「南瓜斬り」でカボチャの位置がずれる不具合を修正 
・コバルト・スキン着用時に、マーシーのハイライト・イントロ「ガーディアン・エンジェル」でカデュケウス・スタッフが表示されない不具合を修正
・トレーサーがリコールで巻き戻りながらブリンクを使える不具合を修正
・パンク・スキン着用時に、トレーサーのボイス・ラインの一部が再生されない不具合を修正
・ハイライト・イントロ「デッドリフト」で、ザリアが武器のハンドルを持っていない状態で表示される不具合を修正
・ザリアのグラビトン・サージからラインハルトが高速で射出される不具合を修正

マップ
・EICHENWALDEのベーカリーにある黒板に書かれた文字の誤字を修正
・ILIOSにて、本来行けない場所(柱の上)に立てる不具合を修正
・LIJIANG TOWERにて、本来行けない場所に移動できる不具合を修正
・NEPALにて、本来行けない場所にリーパーがシャドウ・ステップで移動できる不具合を修正
・ROUTE 66にて、ガソリンスタンドの上にある安全な場所からペイロードを争奪中状態にできる不具合を修正
・VOLSKAYA INDUSTRIESにて、ファラが本来行けない場所に移動できる不具合を修正
・WATCHPOINT: GIBRALTORの最終目標付近で、本来行けない高所に移動できる不具合を修正

観戦
・カスタム・ゲームの観戦で、ライフ・バーの色が正しく表示されない不具合を修正