TITLES

VIDEO New Entries

卓越したスキルと溢れる才能を持つメカニックのレッキング・ボールは、今日も新たな冒険を求めて世界中を転がり回る。

本名:ハモンド

年齢:14歳

職業:メック・パイロット、メカニック

活動拠点:ホライゾン・ルナー・コロニー(旧拠点)、ジャンカータウン(旧拠点)

所属:なし


Story.png

「ハムスターを敬え」

ホライゾン・ルナ・コロニーで行われていた様々な実験のなかに、長期に及ぶ月面滞在の影響を検証するため、動物たちに遺伝子治療を施すものがあった。その実験中、予期せぬ副作用で体躯と脳の機能が並外れて発達する動物たちがいた。被験者のほとんどはゴリラなどの霊長類だったが、中には例外も存在した。ハモンドと名付けられたハムスターもそのうちの一体だ。

ハモンドの知性は他のものたちと同様に発達し、やがて自身を取り巻く世界への好奇心を膨らませていった。ハモンドは頻繁に飼育部屋を抜け出し、科学者たちを困らせていた。月面基地のあちこちに姿を現すハモンドを毎回捕まえては部屋に戻していたが、彼の真の目的に気づく者はいなかった。ハモンドは科学者たちの目を盗んで、独学でメカニックの技術を習得していたのだ。そしてその知識が、後々彼を救うことになる。

ある日、一部のゴリラたちが人間の科学者に対して蜂起し、支配権を奪い、コロニーは混乱に陥る。ただし、すべての動物たちが蜂起に参加したわけではなかった。中でもウィンストンというゴリラの検体は地球へと脱出する計画を立てており、ハモンドはこの機会を見逃さなかった。彼は即席の脱出ポッドを作り上げ、ウィンストンのロケットにこっそり繋ぎ、一緒に月を飛び立ったのだ。2体が地球の大気圏に突入したとき、ハモンドはロケットから切り離されて別の場所...オーストラリアのアウトバックに広がる不毛地帯に着陸した。

脱出ポッドを改造したハモンドは、高額の賞金を目的にスクラップヤードの闘技場に足を踏み入れる。彼はそこで「レッキング・ボール」のパイロットとして頭角を現し、ついにはチャンピオンにまで登り詰めたが、彼がその正体を世間に明かすことはなかった。ハモンドは獲得した賞金でメックをアップグレードし、ジャンカーたちが支配する危険なアウトバックの地から抜け出すことに成功した。

もう彼を縛るものはない。自由を手に入れたハモンドは、新たな発見と冒険を求め、世界を旅している。

Ability.png

Weapon_QuadCannon.png

クアッド・キャノン

オートマチック・ウェポン。

Ability_Roll.png

ロール

ボールに変形し、最大移動速度がアップする。

GrapplingClaw.png

グラップリング・クロー

射出したフックで壁や天井などに自身を固定し、巨大な振り子と化す。高速で敵と衝突した場合はダメージを与え、ノックバックする。

Ability_Minefield.png

マインフィールド

広範囲に感知式地雷を展開する。

Ability_AdaptiveShield.png

アダプティブシールド

自分を守るシールドを展開する。周囲の敵が多いほど強度が増す。

Ability_Piledriver.png

パイルドライバー

空中から地面に激突し、敵を宙にノックバックする。
Combat.png

レッキング・ボールはボウリングボールように相手チームの前衛をすり抜けて、後衛を荒らすことができる、メカニックのスキルと固い装甲のメックを持つタンク・ヒーローだ。レッキング・ボールは、高い火力を誇るメイン武器の「クアッド・キャノン」と、周囲の敵の数に応じてシールド量が増加する「アダプティブ・シールド」を活用し、大勢を相手に戦いを仕掛けることを得意とする。シールドを身にまとい、ブルドーザーのように突撃してくる彼を倒すのは非常に困難だ。また、このシールドを活かせば窮地から脱出することもできる。「ロール」は、メックのロボットアームを格納してボール型に変形することで素早く移動できるアビリティ。さらに、「グラップリング・クロー」を使えば、壁や天井などに自分を固定することができ、振り子のようにスイングしながら地形の裂け目を飛び越えたり、曲がり角の先にいる敵を攻撃することができる。さらに、スイングしながらトップスピードで敵にぶつかれば大ダメージを与えてノックバックさせることも可能。また、レッキング・ボールが空中にいる間に「パイルドライバー」を使用すると、地面に激突して敵を宙に吹き飛ばせる。

アルティメット・アビリティは「マインフィールド」。周囲に地雷をばらまき、近づいた敵に大ダメージを与えることができる。

Rolling.png

オーバーウォッチで7体目のタンク・ヒーローとなるレッキング・ボールは、ロールとパイルドライバーで敵を分断することを得意とするが、攻撃役として敵の後衛に突撃して、クアッド・キャノンでライフ量の低いヒーローを倒すこともできる。
敵チームに向かってロールし、アダプティブ・シールドを展開することでいつでも集団戦を仕掛けることが可能であり、このシールドのおかげで周囲の敵の数が多いほど倒されにくくなる。ピンチに陥った場合はグラップリング・クローで簡単に離脱でき、味方チームがいる安全な場所までスイングして素早く戻ることができる。マインフィールドを使えば、戦略的に有利な場所を抑え、敵の侵入を阻止できるほか、敵集団の頭上に落とすことで大ダメージを与えることも可能だ。あるいはグラップリング・クローで敵の頭上にスイングし、空中からマインフィールドを投下して、パイルドライバーで地雷の方に打ち上げて爆発的な瞬間ダメージを与える、といったこともできる。

WREKBLOG_1.jpgWREKBLOG_2.jpgWREKBLOG_3.jpgWREKBLOG_4.jpgWREKBLOG_5.jpgWREKBLOG_6.jpg