TITLES
20170303_ow_01

●スキル・レート減衰について
シーズン4では、スキル・レート3000以上のプレイヤーは毎週7ゲーム以上を完了しない限りレートが自動的に下がり始めます。これによって、より正確なレートを算出できるようになり、複数の高レートアカウント保持が難しくなるうえ、高クラスに位置することにより大きな意味をもたらします。

マッチを1回完了するたびに、減衰の開始時間が24時間延長されます。そのため、1週間の間に7回マッチを完了する限り、減衰はしません。1日1回プレイすることも、1度に7回プレイすることも可能です。

500未満のスキル・レート表示について
昨シーズンでは各プレイヤーをより適切なクラスに配置できるよう、スキル・レートと認定マッチのメカニックを調整しました。総合的に見て、調整は成功したと考えています。

しかし、意図的に負けるようなプレイをし、可能な限り低いレートを目指すプレイヤーが一部存在したため、スキル・レート500未満のレートを表示しないように変更しました。ライバル・プレイは参加している全員が努力することで成り立っており、このようなプレイは決して推奨されるべきものではありません。

トップ500ランキング報酬について
これまではトップ500に一度入れば、限定スプレーとプレイヤー・アイコンをシーズン終了時に受け取ることができました。

報酬が確定してしまうと、シーズン最後までトップ500であり続けるモチベーションを失うプレイヤーが多かったため、シーズン4ではシーズン終了時にトップ500にランクインしているプレイヤーのみ報酬を受け取ることができます。シーズン終盤になればなるほど、より激しい戦いになることが予想されます。


20170303_ow_02

リスポーン遅延
アサルト、エスコート、アサルト/エスコートのハイブリッド・マップにおいて、目標やペイロードに防衛側のヒーローが立て続けに出入りすることで時間を稼ぐ戦法が多く使われていました。

しかし、この戦法によって防衛が勝利することは少なく、単に攻撃側を遅らせるだけであったため、目標/ペイロードが争奪中状態のときに攻撃側の数が防衛側の数を上回っている場合、一定時間後に防衛側のリスポーン時間が徐々に遅くなり始めます。遅延時間は最大値に達するまで増加し続け、防衛側の数が攻撃側を上回るとリセットされます。


20170303_ow_03