TITLES
0912ヘッダー.jpg

お気に入りのヒーローを選び、旅支度を済ませたら、釜山に向けて出発しましょう!

新マップ「BUSAN」は、元プロゲーマーのMEKAパイロット、D.Vaの故郷である韓国の中心地です。私はこの半年間、BUSANに含まれる3つのエリアであるSANCTUARY、DOWNTOWN、MEKA BASEの景観や建物を作ってきたアーティストの1人です。

このマップは、D.Vaが主人公の短編アニメーション「SHOOTING STAR」と合わせる形でリリースすることになりました。そのため、作中に登場するMEKA基地をできるだけ正確に再現できるよう、アニメーションの制作チームと密に連携して作業しました。マップに入ったプレイヤーが、短編アニメーションの世界に入り込んだかのように感じてもらいたかったのです。こうした形で他のチームと共同作業をしたのは初めてでしたが、大成功だったと思います!今までで一番、ゲーム内のマップと短編アニメーションを近づけることができました。

ですが、全く同じというわけにはいきません。ゲーム内のマップは、見た目だけでなく、プレイヤーが楽しめるかどうかが重要なのです。MEKA BASEエリアには、プレイヤーのみなさんが今どこに居るか分かりやすいよう拡張した部分もありますし、独自のゲームプレイ要素を加えているところもあります。そんな変更を加えた場所のひとつが、MEKA BASEのコントロール・ポイントです。3つのシールドが上下し、敵の攻撃から身を守ることができます。点滅する光と蒸気を見れば、いつシールドが地面から出てくるかわかるので、ポイントを攻撃するタイミングを測れるようになっています。意図を持たせて動く地形をマップの戦略に組み込んだのは、今回が初めてです。

チーム一同、釜山の街を再現すること、そしてD.Vaと韓国のストーリーを発展させることに心血を注ぎました。MEKA BASEエリアのD.Vaの部屋に入ると、プロゲーマーだった頃の大量のトロフィー、最先端のゲーミングPC、そしてナノ・コーラも見つけることができます。

みなさん、ぜひ新マップを楽しんでください。感想をお聞きするのを楽しみにしています!

――シニア・エンバイロメントアーティスト、サイモン・フックス

パッチ・ハイライト

プサン.png

今回のパッチでは韓国の新マップ「BUSAN」が登場。このマップにはSANCTUARY、DOWNTOWN、MEKA BASEの3つのエリアがあり、これらのコントロールを巡って争います。

SANCTUARYは、いにしえの寺院、美しい庭園、歴史的建造物に囲まれた穏やかな土地です。一方DOWNTOWNでは、PCバンと呼ばれるネットカフェやカラオケ店、路面電車の主要駅(列車が通るので要注意!)など、メトロポリスの喧騒の中で戦うことになります。キシン・オムニックに対抗するための韓国の防衛線であり、D.Vaを始めとするメカ部隊の拠点でもあるMEKA BASE内部に飛び込み、エリアの制圧を目指しましょう。

各チームは3つのステージすべてを占拠し、いかなる脅威にも屈しない街を完全掌握すべく戦います。

プサン2.png

オーバーウォッチのヒーロー・ギャラリーの新機能「フィルター」を使って、すべてのカスタマイズ・アイテムを表示できるようになりました。カテゴリー、オーバーウォッチ リーグのスキンのオン/オフ、レア度、アンロック済みかどうかなどの条件別に検索できます。

一般的なアップデート

一般

●エイム・アシストのアルゴリズムを変更し、より直感的な操作と快適なゲームプレイを可能にしました。

以前のエイム・アシストは、照準が敵に近づくと以下のような挙動を行っていました。

  1. スティック入力の感度を低下させ、ターゲットを狙いやすくして精度を高める。
  2. 上記で低下した感度を補うため、ターゲットが動いている方向に自動的に照準を調節する。

新しくなったエイム・アシストでは、これらに新たな機能が追加されます:

  1. プレイヤーと比較して敵がどう動いているかを判定する際、照準を合わせているプレイヤーのスティック入力も考慮するようになりました。つまり、ターゲットを完璧に追えている場合はエイム・アシストが作動しなくなります。また、戦闘中にターゲットを狙おうとしているときと、非戦闘時の体の向きを変える早さが近くなる効果もあります。
  2. エイム・アシストのターゲット判定を改良し、プレイヤーが最も正確に追っているターゲットに作動するようになりました。これによって、他の敵が射線を横切っても、照準が現在のターゲットから解除されにくくなります。

「コントローラー設定」の「詳細設定」に、新たに「エイム・アシスト イーズ・イン」という項目を追加しました。「エイム・アシスト イーズ・イン」を有効にすることで、ターゲットに近づくにつれてエイム・アシストが強くなり、突然スティック感度が変わるようなことが減少します。「0」に設定するとイーズ・インは行われず、すぐに感度が変化します。「1」に設定すると、感度は距離に正比例して変化します。デフォルト設定の「0.5」では、感度が緩やかに変化します。これは最も多くのヒーローに適した設定です。

ハンゾーやオリーサのような、ターゲットの動きを先読みして飛翔物を発射するヒーローは「エイム・アシスト イーズ・イン」を「0」に寄せたほうが効果的かもしれませんし、ウィドウメイカーやマクリーのような、撃った瞬間に当たり判定が行われるヒーローの場合は「1」に寄せたほうがいいかもしれません。いろいろな設定を試して、自分に合うものを探してみてください! 特定の感度でプレイしたいヒーローがいる場合は、設定を「操作設定」 > 「ヒーロー」(その後設定したいヒーローを選びます) > 「コントローラー」 > 「詳細設定」で設定できます。(通常は「操作設定」 > 「コントローラー」 > 「詳細設定」)

新システムを試したあとで、元に戻したいと感じたら「エイム・アシスト レガシー」(「コントローラー」 > 「詳細設定」)のオプションで以前のエイム・アシストに戻すことができます。

今回の変更について、みなさんのフィードバックをお待ちしています! ぜひご感想をお聞かせください。

●壁の反対側にいる味方が見えるよう、シルエットのアウトラインを追加

ヒーローのバランス調整

一般

一度に複数の弾丸を放つ武器のクリティカル・ダメージに一貫性がない不具合を修正(例:ドゥームフィストの「ハンド・キャノン」、D.Vaの「フュージョン・キャノン」、ゲンジの「手裏剣」、リーパーの「ヘルファイア・ショットガン」、トールビョーンの「リベット・ガン」)

開発者コメント:不具合の修正ではありますが、対象となったヒーローの特定の状況下におけるダメージ量が変わり、ゲームプレイに影響を及ぼすためここでピックアップする必要があると判断しました。この修正が適用されることによって、範囲攻撃武器は、ヘッドショットなどのクリティカル・エリアに着弾した弾1つ1つに対して、クリティカル・ダメージの計算が行われるようになります。その結果、リーパーの「ヘルファイア・ショットガン」やD.Vaの「フュージョン・キャノン」など、同時に複数の弾を撃ち出す武器でクリティカル・ダメージを与えやすくなります。加えて、これらの武器でクリティカル・マーカーが表示される基準を変更しました。1つの弾がクリティカル・ヒットすると表示されるのではなく、弾の30%がクリティカル・ヒットした場合に表示されるようになります。

アナ.png

アナ

●バイオティック・ライフル

・ズーム中の相対エイム感度スライダーの精度を向上。オプション > 操作設定 > ヒーロー > アナで設定可能

ブリギッテ.png

ブリギッテ

●シールド・バッシュ

・他の突撃系のアビリティを持つヒーロー(ラインハルト、ドゥームフィストなど)をノックダウンできるように変更。同様にブリギッテも相手にノックダウンされるように変更

開発者コメント:現在、突撃するキャラクター同士で衝突すると、両者とも転倒して短時間スタン状態になります。この現象はドゥームフィストの「ロケット・パンチ」やラインハルトの「チャージ」で確認できます。しかし、ブリギッテの「シールド・バッシュ」はこの現象を発生させる対象にはなっていませんでした。つまり、ブリギッテがこれらのアビリティに対して「シールド・バッシュ」を使うと、相手はスタンされるものの、ブリギッテ自身は影響を受けませんでした。今回の変更で、ブリギッテが「チャージ」または「ロケット・パンチ」に対して「シールド・バッシュ」を使うと、両者ともにノックダウンされるようになります。

ラインハルト.png

ラインハルト

●アース・シャター

・壁近くの敵を安定してヒットするように変更

・衝撃波が通過した後で攻撃範囲に入った敵にヒットしないよう変更

・バリアの反対側にいる敵にはダメージが入らないように変更(直後にバリアが解除または破壊された場合も同様)

・斜面の上にいる敵、ペイロードの周りにいる敵にも攻撃範囲が及ぶように変更

開発者コメント:「アース・シャター」は性能に一貫性がなかったため、全体的に見直しました。この変更によって「アース・シャター」の挙動がより予想しやすくなり、効果的になるでしょう。

ウィドウメイカー.png

ウィドウメイカー

●グラップリング・フック

・足場のない環境や建物(壁など)に使っても勢いを維持できるように変更

●ウィドウズ・キス

・ズーム中の相対エイム感度スライダーの精度を向上する設定を追加。オプション > 操作設定 > ヒーロー > ウィドウメイカー > ズーム中の相対エイム感度で設定可能

ライバル・プレイのアップデート

一般

●グランドマスターのプレイヤーが、スキル・レート差350以内のプレイヤーとグループを組めるように変更(以前は250以内)

ゲーム・ブラウザーとカスタム・ゲーム

一般

●カスタム・ゲームのオプション「リスポーン時間スカラー」を、デフォルトより長い時間に設定できないよう変更


FFA デスマッチ

●マーシーがカデュケウス・ブラスターを装備した状態でマッチを開始するよう変更

●デスマッチおよびチーム・デスマッチでBLIZZARD WORLDが選択可能に

1v1ミステリー・ヒーロー

●マーシーがカデュケウス・ブラスターを装備した状態でマッチを開始するよう変更

マップ

RIALTO

●ペイロードの移動速度がわずかに上昇

●ペイロードがチェックポイントで停止する時間を短縮

不具合の修正

一般

●プレイヤーが手すりなどから滑り落ちることのある不具合を修正

●トールビョーンのアーマー・パックを地面に落とさず、仲間に直接付与させると統計の「〈アーマー・パック〉作成」の項目が更新されない不具合を修正

ヒーロー

ブリギッテ

●「シールド・バッシュ」の動作が、シンメトラのタレットにぶつかると中断される不具合を修正

ドゥームフィスト

●シンメトラのテレポーターを使うと、「サイズミック・スラム」がキャンセルされる不具合を修正

D.Va

●メイの「アイス・ウォール」上で「メック召喚」を使用するとマップから抜け出せる不具合を修正

ハンゾー

●「龍撃波」の矢のサイズが他の矢より大きくなる不具合を修正

メイ

●「クリオフリーズ」で「ブリザード」の射線がさえぎられる不具合を修正

マーシー

●ダメージを増幅できない攻撃にダメージ・ブーストを使用してもアルティメットがチャージできる不具合を修正

リーパー

●「シャドウ・ステップ」が中断されるとクールダウンが始まらなくなる不具合を修正

ラインハルト

●「チャージ」で後方の敵を捕らえることができる不具合を修正

●「チャージ」発動中に方向転換すると、特定の敵を捕らえられなくなる不具合を修正

●敵の頭の上に立っていても「アース・シャター」が使える不具合を修正

●「アース・シャター」がペイロードの上に立っている敵に当たらないことがある不具合を修正

●「アース・シャター」の攻撃範囲が特定の斜面に及ばない不具合を修正

●「アース・シャター」発動中に空中に打ち上げられると、アビリティが発生しないことがある不具合を修正

ロードホッグ

●チェイン・フックが敵に当たった後、射線を維持したまま、正しく機能しなくなることがある不具合を修正

●サブ攻撃の距離減衰が正しく計算されていなかった不具合を修正

ソンブラ

●「トランズロケーター」で動く足場の上に移動できない不具合を修正

●ソンブラがスタンまたはハックされるとトランズロケーターを破壊できなくなる不具合を修正

●「トランズロケーター」使用時にソンブラが出現する場所を正確に示さない不具合を修正

シンメトラ

●ソンブラの「ハック」で、シンメトラのフォトン・バリア設置を阻止できない不具合を修正

●シンメトラのテレポートUIが、デス後も表示され続ける不具合を修正

ウィドウメイカー

●スコープを使用した射撃でヒーローが設置したオブジェクト(シンメトラのテレポーター、トールビョーンのタレットなど)を攻撃すると、統計の「命中率(スコープ)」が下がる不具合を修正

●グラップリング・フックが一部の足場にくっつかない不具合を修正

レッキング・ボール

●「パイルドライバー」の距離減衰計算が正しく行われない不具合を修正

●「パイルドライバー」の効果時間中に着地地点から滑り落ちると、攻撃判定が2回生じる不具合を修正

●カスタム・ゲームでメイン攻撃を無効に設定しても、レッキング・ボールがメイン攻撃を使用できてしまう不具合を修正