TITLES
OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

パッチ・ハイライト

新チャリティスキン:マーシー「ピンク」

Breast Cancer Research Foundationで行われている乳がん研究の為、マーシーが期間限定の新スキン「ピンク」を身にまとい、立ち上がる!

5月9日~5月22日の間、マーシー用スキン「ピンク」の収益はすべてBreast Cancer Research Foundationに寄付されます。なお、寄付総額は所定の場所でBlizzard Entertainmentより報告させていただきます。

Breast Cancer Research Foundationは乳がん研究とその根絶のために設立された団体です。詳しくはwww.bcrf.org(英文)をご覧ください。

また、5月9日から5月22日の間にオーバーウォッチにログインすると、BCRFをテーマとしたプレイヤー・アイコンがアンロックされます。

Blizzard Entertainmentはさらに、コミュニティ・アーティスト「ONEMEGAWATT」と協力し、Twitch Dropsをテーマにしたプレイヤー・アイコンと4つのスプレーを制作。Twitchのプロモーションに関する詳細は、https://playoverwatch.com/ja-jp/blog/21758132(Blizzard Entertainmentのページ)をご参照ください。

バグ修正

ゲーム・ブラウザー及びカスタム・ゲーム

・ カスタム・ゲームのロビー内でコントローラーによる操作ができなくなる不具合を修正

OW_Gra_LogoMetal_640.jpg

パッチ・ハイライト

タロンの要人、アントニオ・バルタロッティがかつて住んでいた街... そしてオーバーウォッチとタロンが衝突した「ヴェネツィア事件」の舞台、RIALTOが新マップとして登場。美食家の舌をもうならせる数々のレストラン、水路を走るゴンドラツアー、D'arte Galleria美術館など、イタリアが誇る美麗な水の都にぜひお越しください。

注意:RIALTOは現在ライバル・プレイに対応していません。今後のアップデートでプレイ可能になります。

ヒーローのバランス調整

ブリギッテ

・ シールド・バッシュ

- 範囲角度を90から60に変更

開発者コメント:ブリギッテを相手にする際、シールド・バッシュの範囲外にいた、あるいは回避したと思っても巻き込まれることがあり、逆にブリギッテを操作している際は意図していない相手にシールド・バッシュをヒットさせることがありました。今回の調整により、アビリティのビジュアル・エフェクトと効果範囲が一致し、より正確に見極め、あるいは使用することができるようになります。

ゲンジ

・ 木の葉返し

- ヒットボックスのサイズを縮小

開発者コメント:ゲンジの木の葉返しのヒットボックス(有効範囲)は大きく、彼自身から離れた敵の攻撃も跳ね返すことが可能でした。今回の調整によりヒットボックスは小さくなりますが、引き続き前方から飛んでくる敵の攻撃からは身を守ることができます。

ハンゾー

・ 嵐ノ弓

- 矢の速度を85から100に変更

・ 鳴響矢水

- クールダウン時間を20秒から12秒に変更

- 効果持続時間を10秒から6秒に変更

- 効果範囲半径を10メートルから7メートルに変更

新アビリティ

・ 体術

- 空中でジャンプボタンを押すことで、水平に移動可能•

・ 電光石火

- 矢散五裂を撤廃し、電光石火に変更

- チャージすることなく、最大6本の矢を高威力で速射できる

開発者コメント:今回の調整では、矢散五裂によるストレスをなくすと同時に、ハンゾーの高い攻撃力を維持しつつ、新たなオプションを追加しました。「体術」により、機動力が大幅に増し、メイン攻撃である矢の速度上昇と「電光石火」の追加により、これまで以上に安定して高いダメージ出力を実現させることができます。

ジャンクラット

・ フラグ・ランチャー

- 弾のサイズを0.3から0.2に変更

・ RIPタイヤ

- タイヤの移動速度を13から12に変更

開発者コメント:フラグ・ランチャーのサイズが小さくなったことにより、直撃による大ダメージを実現させるには、より正確なエイムが必要になりました。また、タイヤの速度が遅くなったため、起爆される前に壊しやすくなりました。

ルシオ

・ ウォール・ライド

- ウォール・ライドが中断されにくくなるよう変更

- 壁を離れることなく角を曲がることが可能(外側と内側両方)

- 壁からジャンプで離れた後も、同じ壁に再度着地することが可能(元々ジャンプした場所からある程度離れる必要あり)

- 事前に一定時間ジャンプボタンを長押しし続けなければ、壁に張り付いたまま角を曲がれないように変更

・ サウンドウェーブ

- 弾薬を消費しないように変更

- リロード中も使用できるように変更

開発者コメント:ウォール・ライドが全体的に使いやすくなり、スムーズに壁を走ることができるようになりました。これまで壁を走れなかった、あるいは走りづらかった場所でもウォール・ライドを使用できるようになり、可能性が大きく広がっています。また、ソニック・アンプリファイアのサブ攻撃であるサウンドウェーブにはクールダウンと弾薬消費、二重の制限があったため、弾薬を消費しないように変更しました。

トレーサー

・ パルス・ボム

- 最大ダメージを400から300に変更

開発者コメント:パルス・ボムはライフ量の多いヒーローでも簡単に倒すことができ、体の大きいヒーローに貼り付けやすく、タンクに対する効果が高すぎると感じました。今回の調整で最大ダメージが低くなり、タンクを即座に倒すことはできなくなりましたが、その他ヒーローに対する脅威は高いままとなっています。

バグ修正

一般

・ 「カスタム・ゲームに招待する」オプションが、チュートリアル及び練習場で表示される不具合を修正

A.I.

・ トレーニング・ボットが、ルシオのサウンドウェーブなど特定のアビリティによって移動した後に、元の位置に戻らない不具合を修正

・ 高台から飛び降りると、ボットが不適切なルートを通ってプレイヤーを捕捉しようとする不具合を修正

・ BLIZZARD WORLDにて、ボットがStarCraftエリアのシージ・タンク付近で身動きが取れなくなる不具合を修正

ゲーム・ブラウザー及びカスタム・ゲーム

・ カスタム・ゲームへの招待が受け取った側の画面に表示され続ける不具合を修正

ヒーロー

・ 「ヌルセクター」スキン着用時、バスティオンのボイス・ライン「ブイーッブイーッ」が再生されない不具合を修正

・ ブリギッテがリペア・パックを飛ばしている間、その他アビリティ及びロケット・フレイルを使用できなくなる不具合を修正

・ ブリギッテがリペア・パックを飛ばしている間にスタンされた場合、パックが味方に届かなくなる不具合を修正

・ ゲンジの近接攻撃を使用しても効果音が再生されない不具合を修正

・ 特定スキン着用時、ゲンジのゴールデン武器が輝かなくなる不具合を修正

・ ジャンクラットのRIPタイヤが、メイの凍結ブラスターによる凍結効果を受けない不具合を修正

・ ジャンクラットのRIPタイヤが壁の中で出現する不具合を修正

・ ルシオが、ジャンクラットのスティール・トラップにはさまれても移動できる不具合を修正

・ ルシオがウォール・ライドで真上に移動できる不具合を修正

・ ルシオが特定の角度で壁に着地した場合、移動速度が失われる不具合を修正

・ リザレクトがマクリーのフラッシュバンなど、クラウド・コントロール系アビリティで中断されない不具合を周世

・ オーバーウォッチ リーグのスキン着用時、モイラのビクトリー・ポーズ「フラスコ」でフラスコが表示されない不具合を修正

・ ヒーロー・ギャラリーにて、リーパーのエモート「ダンス」をプレビューした際に、ヘルファイア・ショットガンが浮いて表示される不具合を修正

・ ロードホッグのビクトリー・ポーズ「マグショット」にて、カメラが正しくフォーカスしない不具合を修正

・ ロードホッグのハイライト・イントロ「足音...」にて、チェイン・フックが浮いて表示される不具合を修正

・ 「タロン」スキン着用時、ソンブラのゴールド武器におけるレーザーサイトの先端が正しく表示されない不具合を修正

・ ウィドウメイカーがスコープを覗きながらウィドウズ・キスを使用すると、HUDが非表示になる不具合を修正

・ ヒーロー・ギャラリーにて、シンメトラの「オーバーウォッチ リーグ」スキンに描かれたチーム名がかすれて表示される不具合を修正

・ ヒーロー・ギャラリーにて、トールビョーンの「オーバーウォッチ リーグ」スキンに描かれたチーム名がかすれて表示される不具合を修正

マップ

・ HANAMURAのラーメン店「Rikimaru」付近でボットが身動き取れなくなる不具合を修正

・ HORIZON LUNAR COLONYにて、本来意図されていない場所にタレットを設置できる不具合を修正

・ HORIZON LUNAR COLONYにて、本来立ち入れない場所に移動できる不具合を修正

・ JUNKERTOWNにて、バイクが破壊された後にブタの頭が空中に浮いたまま表示される不具合を修正

・ JUNKERTOWNにて、本来意図されていない場所にシンメトラのタレット及びテレポーターを設置できる不具合を修正

sotter_01.jpg

2018年9月14日(金)発売予定『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の最新トレーラーを含む最新情報を公開!

"THE END OF THE BEGINNING"トレーラー 日本語吹き替え版


今明かされる"トゥームレイダー"誕生の物語

美しき探検家ララ・クロフトの次なる冒険の舞台はマヤの古代遺跡。マヤ暦に記された「終末」から世界を救うため奔走するララは、やがて運命に導かれるようにその身を覚醒させていく。20 年以上に及ぶシリーズの歴史が最新テクノロジーで昇華した、謎解きアクションアドベンチャーの超大作︕すべてが最大スケールで描かれる、新生シリーズの集大成だ。

◆コンセプトアート

sotter_02.jpg

sotter_03.jpg

◆スクリーンショット

sotter_04.jpg


sotter_05.jpg


sotter_06.jpg

同シリーズのリブート作品として「ララ・クロフト」の冒険を描き、全世界からの絶賛と数百のアワードを受賞した2013 年発売の「トゥームレイダー」、2015 年発売の「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」でララ・クロフトの声とモーションを演じた女優カミラ・ラディントンが、本作でもララ・クロフトを熱演します。

地球上で最も過酷な環境でのサバイバル:無慈悲な自然が猛威をふるうジャングルでの戦いを生き残るため、環境を味方につけなければならない。水没した広大なエリアでは、障害物を越えて抜け道を切り開きながら探索することになる。

ジャングルとひとつになれ:戦うのに十分な武器を持たず、圧倒的に不利な状況に置かれるララが戦うすべは、ジャングルとひとつになること。カモフラージュのために泥をかぶり、ジャガーのように音もなく忍び寄り一撃で敵を沈め、混乱を引き起こすのだ。

死の罠が待ち受ける遺跡の探索:シリーズの醍醐味である遺跡探索はさらに進化。侵入者の命を奪う罠で満ちた遺跡を、壮大な仕掛けを駆使し解き明かしていこう。

隠された歴史を見つけろ:探索の拠点となる隠された都市は、シリーズで最も広く巨大となる。

株式会社スクウェア・エニックス 代表取締役社長 松田 洋祐 からのコメント
『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』は、突出したクリエイティビティと、トゥームレイダーシリーズのノウハウ、 高い技術力をもってスクウェア・エニックス・グループの開発スタジオEidos Montreal がCrystal Dynamics と共に開発した渾身の力作です。シリーズとララ・クロフトにさらなる進化と深みをもたらす『シャ ドウ オブ ザ トゥームレイダー』にどうかご期待ください。

Eidos Montreal デイビッド・アンフォッシ からのコメント
『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』では新しく、そして予想外なチャレンジがララ・クロフトを待ち受けていま す。多岐にわたるスキルセット、コンバットテクニック、そして装備を駆使し、プレイヤーは過酷な環境、ジャン グルや遺跡でサバイバルしなければなりません。


日本版の商品構成は後日お知らせいたします。あと少しだけお待ちください。

 
20180426_OW_01.jpg

以下の文書は、ブラックウォッチ情報開示プロトコルに従い、公表されてこなかったものである。

公開される内容は以下の通り:
 ・職員プロフィール:アントニオ・バルタロッティ

 ・任務覚書:ヴェネツィア任務記録

 ・組織プロフィール:タロン


機密解除ステータス:完了
ファイルにアクセス中:「ヴェネツィア任務記録」


20180426_OW_02.jpg


20180426_OW_03.jpg


20180426_OW_04.jpg