TITLES

patch note New Entries

20181010_OW_01

パッチ・ハイライト

369OX8MD97ZY1538773417378.png

恐怖の祭典が今年も帰ってきた!

「オーバーウォッチ ハロウィン・テラー 2018」登場!ホラーテーマの期間限定イベントでハロウィンを祝いましょう。新たな限定アイテムはもちろん、アクション満載のPvEバトル「ジャンケンシュタインの復讐」を再びプレイすることができます。

今年の「ジャンケンシュタインの復讐」には、ブリギッテとトレーサーの2人が追加されました。また、モイラの「バンシー」、レッキング・ボールの「ジャック・オー・ランタン」、ファラの「エンチャンテッド・アーマー」などのレジェンダリー・スキン6種を含む、ハロウィンをテーマにした新アイテムが盛りだくさん。以前のハロウィン限定アイテムを手に入れることもできるので、お見逃しなく。

82PC9MLM9UG21538773381155.png

UI(ネームプレート、画面表示、ライフゲージ等)とアウトラインに使用されるチームカラーを、9種類の色覚サポート仕様カラーセットから選択できるようになりました。敵と味方のUIを別々の色に設定できます。設定は「オプション」>「ビデオ」>「色覚サポートオプション」から行えます。変更後の設定は保存され、次のマッチから適用されます。

一般的なアップデート

一般
音声ミックスをアップデートし、ゲーム内音声の明瞭性とダイナミックレンジを向上

開発者コメント:これまでヒーローや機能を追加してきた過程で音声のミキシングが複雑化していたため、ゲーム全体の音声バランスを調整しました。今回は、他者の武器の音が聞こえる範囲と、自分が発射した武器が着弾する音を聞こえる範囲を広げ、他者の足音やアビリティ効果音のバランスを全体的に調整しました。

ヒーローのバランス調整

一般
● すべてのシールドとバリアのエフェクトをアップデートし、可視性を向上
● タレットなど設置物の攻撃を受けた敵のライフゲージが表示されるように変更

ブリギッテ.png

ブリギッテ
● バリア・シールド
 ・シールドのライフを600から500に減少

開発者コメント:ブリギッテのバリアはライフが高く、彼女との近接戦ではほとんどのヒーローが厳しい戦いを強いられていました。今回の調整により、ブリギッテが依然高い耐久を持つということには変わりありませんが、プレッシャーをかけることによって倒しやすくなっています。

ドゥームフィスト.png

ドゥームフィスト
● ハンド・キャノン
 ・15メートルで距離減衰が発生するように変更

開発者コメント:ドゥームフィストは主に敵に接近して戦うヒーローですが、ハンド・キャノンのスプレッドが狭く、遠くにいる敵、特に大きめのターゲットに対して想定以上のダメージを与えられていました。今回の変更で、15メートルで距離減衰が発生するようになり、他のショットガンタイプの武器と同様の仕様になります。

マクリー.png

マクリー
● コンバット・ロール
 ・クールダウンを8秒から6秒に短縮

開発者コメント:「コンバット・ロール」はクールダウンによる制限が厳しく、あまり使われないようなこともありました。クールダウンを短縮したことによって、移動、あるいは即時リロードの手段として活用しやすくなります。

ファラ.png

ファラ
● コンカッシブ・ブラスト
 ・クールダウンを12秒から9秒に短縮
● ロケット・ランチャー
 ・攻撃速度が上昇
  - 発射間のリカバリーにかかる時間を0.9秒から0.75秒に短縮
 ・ 爆発と着弾のダメージ量を調整
  - 爆発ダメージを80から65に減少
  - 着弾ダメージを40から55に増加
 ・爆発のノックバックを20%縮小
 ・自分のノックバック範囲を25%拡大

開発者コメント:これは「ロケット・ランチャー」の使用感を向上するための調整です。今までは1発あたり1秒近くのリカバリー時間があり、少しもどかしく感じる場合がありました。リカバリーにかかる時間を短縮した分、バランスを取るために、ロケットの爆発ダメージと着弾ダメージも調整しました。敵に直撃した場合のダメージはこれまでより多くなり、爆発によるスプラッシュダメージのみの場合はダメージが少し減ります。さらに、連射速度があがったファラのロケットに攻撃されると、爆発によるノックバックでファラを狙いにくくなるため、爆発のノックバックを減少しました。また、「コンカッシブ・ブラスト」のクールダウン時間が短縮されたことによって、「ジャンプ・ジェット」のクールダウンと合わせやすくなり、さらに機動力を活かしやすくなっています。

メイ.png

メイ
● 一般
 ・すべてのアビリティのビジュアルエフェクトをアップデート

オリーサ.png

オリーサ
● フュージョン・ドライバー
 ・最大スプレッド範囲を20%縮小

開発者コメント:オリーサはあまり動き回らずに「フュージョン・ドライバー」を撃つことが多く、また弾速が比較的遅いため、現状の弾の広がり方では、離れている敵に対して安定したダメージを与えることが難しくなっていました。そこで弾のスプレッド範囲を少し狭め、短距離と中距離における攻撃力を変えることなく、長距離にも対応しやすくなりました。

ソルジャー76.png

ソルジャー76
● ヘビー・パルス・ライフル
 ・最大スプレッド範囲に到達するまでの弾数を6から9に増加

開発者コメント:ソルジャー76のダメージが若干低いが適正値に限りなく近いと感じたため、弾のスプレッドを調整しました。弾の拡散が最大範囲に到達するまでの弾数を増やすことによって、より安定したダメージを与えられるはずです。

トールビョーン.png

トールビョーン
● 一般
 ・トールビョーンの頭のヒットボックスを10%縮小
● リベット・ガン
 ・メイン攻撃
  - 弾丸速度を60/秒から70/秒に変更
  - リロード時間を2.2秒から2秒に短縮
  - タレットはメイン攻撃を当てた敵をターゲット
 ・サブ攻撃
  - リカバリーにかかる時間を0.8秒から0.6秒に短縮
  - 弾1発のダメージを150から125に減少
  - リロード時間を2.2秒から2秒に短縮
  - 弾のランダム・スプレッド範囲を再調整
● フォージ・ハンマー
 ・クイック近接攻撃に合わせて有効範囲を拡大
● タレット設置
 ・投げて設置する仕様に変更
 ・3秒間で自動的に組み上がるように変更
  - レベル制を廃止
  - ダメージ量は以前のレベル2タレットと同じ
 ・最大ライフを300から250に減少
 ・設置時に5秒間のクールダウンが発生
 ・戦闘中に破壊されると10秒間のクールダウンが発生
 ・戦闘中、以下の場合は新たにタレットを設置できないよう変更
  - タレットが射撃中
  - 3秒以内にタレットが攻撃を受けた場合
 ・「インタラクト」でタレットを破壊できる仕様に変更
 ・トールビョーンが倒れても、一度展開されればタレットが自動的に組み上がる仕様に変更
● 新アビリティ:「オーバーロード」
 ・「アーマー・パック」の代わりに実装
 ・5秒間持続
 ・クールダウン12秒
 ・一時的に150アーマーを付与
 ・攻撃、移動、リロード速度を30%上昇
● 新アルティメット:「モルテン・コア」
 ・武器を「リベット・ガン」からクローアームに変更
 ・6秒間持続
 ・着弾から10秒間ダメージエリアを発生させる高熱の小球を最大10発射出
  - 地面と接触するまで、壁や天井に当たると跳ね返る
 ・基本ダメージ130
 ・アーマー持ちの敵に対してはダメージが130から190に増加
  - アーマー持ちヒーロー:バスティオン、ブリギッテ、D.Va、オリーサ、ラインハルト、トールビョーン、ウィンストン、レッキング・ボール
  - 味方にアーマーを付与できるヒーロー:ブリギッテ

開発者コメント:トールビョーンはもともとディフェンス特化のヒーローとしてデザインされたキャラクターです。アーマーを生成する能力とタレットによるエリア制圧能力により、守りを固めたい時の有力な選択肢になると想定していました。しかしながら、スクラップ回収や「アーマー・パック」のシステムはチームの状況に左右されるところがあり、ゲームプレイに問題が生じることが分かりました。トールビョーンをより幅広い状況で活躍できるヒーローにするため、スクラップシステムを廃止し、タレットを設置しやすい仕組みに変えました。「アーマー・パック」を「オーバーロード」という強力な自己強化アビリティと入れ替え、「モルテン・コア」を刷新し設置型範囲攻撃のアルティメット・アビリティに変えました。

※なお、トールビョーンは2週間の間、ライバル・プレイで選択することができません

マップ

一般

● アサルト、エスコート、アサルト/エスコート・マップの準備時間を1分から45秒に短縮
● アサルト、エスコート、アサルト/エスコート・マップのヒーロー編成時間を10秒から25秒に増加


ユーザーインターフェース

● プレイヤーのアウトライン強度を調整可能に(オプション>ゲームプレイ)


不具合の修正

ヒーロー
バスティオン
● 「デューン・バギー」スキンのロールケージが、タンク・モードでの後退/射撃時に視界を妨げる不具合を修正
D.Va
● 「ナノ・コーラ」スキンの一部の発光エフェクトが表示されない不具合を修正
● ヒーロー・ギャラリーで「MEKA起動」のハイライト・イントロが正しく表示されない不具合を修正
ハンゾー
● エモート使用中に「嵐ノ弓」の照準が表示される不具合を修正
メイ
● 「ブリザード」を天井の低いエリアで使用すると敵が凍結しない不具合を修正
ラインハルト
● 「アース・シャター」使用後にプレイヤーの照準が上を向く不具合を修正
● ノックバックを受けて空中に浮いている最中に「アース・シャター」を使用すると、「アース・シャター」のアニメーションが再生される不具合を修正
● 「ロケット・ハンマー」が敵をノックバックしすぎる不具合を修正
● 「チャージ」で敵をピンせず、ノックバックしてしまう不具合を修正
● 壁の近くで敵をノックバックするとすぐに敵をピンできてしまう不具合を修正
● 範囲攻撃(ラインハルトの「ロケット・ハンマー」、ジャンクラットの「コンカッション・マイン」など)が効果範囲外から「バリア・フィールド」にダメージを与える不具合を修正
ソンブラ
● 「トランズロケーター」でテレポートすると、向いている方向が変わる不具合を修正
● 「トランズロケーター」が意図しない場所に設置できる不具合を修正
● 「トランズロケーター」を特定の場所に設置すると一部のアビリティで破壊できなくなる不具合を修正
シンメトラ
● タレット設置時に誤ったボイスが再生される不具合を修正
● サブ攻撃が敵に当たらなくても爆発する不具合を修正
トールビョーン
● ビクトリー・ポーズ「メダル」でメダルが表示されない不具合を修正
ザリア
● エモート使用中に「パーティクル・キャノン」の照準が表示される不具合を修正


マップ
BUSAN
● DOWNTOWNで、本来入れない屋上エリアに上がれる不具合を修正
● MEKA BASEで、ガラス窓にスプレーが表示されない不具合を修正

VOLSKAYA INDUSTRIES
● 移動するプラットフォーム上からポイントに着地すると、目標の確保ができない不具合を修正

ゲーム・ブラウザーとカスタム・ゲーム
デスマッチ
● 自滅によってスコアが逆転した時に、味方チームの劣勢/優勢を伝えるボイスが再生されない不具合を修正
対AI
● 観戦用スロットが満員のプレイヤー対AI戦を観戦しようとした時に、参加不可のエラーメッセージが正しく表示されない不具合を修正

0912ヘッダー.jpg

お気に入りのヒーローを選び、旅支度を済ませたら、釜山に向けて出発しましょう!

新マップ「BUSAN」は、元プロゲーマーのMEKAパイロット、D.Vaの故郷である韓国の中心地です。私はこの半年間、BUSANに含まれる3つのエリアであるSANCTUARY、DOWNTOWN、MEKA BASEの景観や建物を作ってきたアーティストの1人です。

このマップは、D.Vaが主人公の短編アニメーション「SHOOTING STAR」と合わせる形でリリースすることになりました。そのため、作中に登場するMEKA基地をできるだけ正確に再現できるよう、アニメーションの制作チームと密に連携して作業しました。マップに入ったプレイヤーが、短編アニメーションの世界に入り込んだかのように感じてもらいたかったのです。こうした形で他のチームと共同作業をしたのは初めてでしたが、大成功だったと思います!今までで一番、ゲーム内のマップと短編アニメーションを近づけることができました。

ですが、全く同じというわけにはいきません。ゲーム内のマップは、見た目だけでなく、プレイヤーが楽しめるかどうかが重要なのです。MEKA BASEエリアには、プレイヤーのみなさんが今どこに居るか分かりやすいよう拡張した部分もありますし、独自のゲームプレイ要素を加えているところもあります。そんな変更を加えた場所のひとつが、MEKA BASEのコントロール・ポイントです。3つのシールドが上下し、敵の攻撃から身を守ることができます。点滅する光と蒸気を見れば、いつシールドが地面から出てくるかわかるので、ポイントを攻撃するタイミングを測れるようになっています。意図を持たせて動く地形をマップの戦略に組み込んだのは、今回が初めてです。

チーム一同、釜山の街を再現すること、そしてD.Vaと韓国のストーリーを発展させることに心血を注ぎました。MEKA BASEエリアのD.Vaの部屋に入ると、プロゲーマーだった頃の大量のトロフィー、最先端のゲーミングPC、そしてナノ・コーラも見つけることができます。

みなさん、ぜひ新マップを楽しんでください。感想をお聞きするのを楽しみにしています!

――シニア・エンバイロメントアーティスト、サイモン・フックス

パッチ・ハイライト

プサン.png

今回のパッチでは韓国の新マップ「BUSAN」が登場。このマップにはSANCTUARY、DOWNTOWN、MEKA BASEの3つのエリアがあり、これらのコントロールを巡って争います。

SANCTUARYは、いにしえの寺院、美しい庭園、歴史的建造物に囲まれた穏やかな土地です。一方DOWNTOWNでは、PCバンと呼ばれるネットカフェやカラオケ店、路面電車の主要駅(列車が通るので要注意!)など、メトロポリスの喧騒の中で戦うことになります。キシン・オムニックに対抗するための韓国の防衛線であり、D.Vaを始めとするメカ部隊の拠点でもあるMEKA BASE内部に飛び込み、エリアの制圧を目指しましょう。

各チームは3つのステージすべてを占拠し、いかなる脅威にも屈しない街を完全掌握すべく戦います。

プサン2.png

オーバーウォッチのヒーロー・ギャラリーの新機能「フィルター」を使って、すべてのカスタマイズ・アイテムを表示できるようになりました。カテゴリー、オーバーウォッチ リーグのスキンのオン/オフ、レア度、アンロック済みかどうかなどの条件別に検索できます。

一般的なアップデート

一般

●エイム・アシストのアルゴリズムを変更し、より直感的な操作と快適なゲームプレイを可能にしました。

以前のエイム・アシストは、照準が敵に近づくと以下のような挙動を行っていました。

  1. スティック入力の感度を低下させ、ターゲットを狙いやすくして精度を高める。
  2. 上記で低下した感度を補うため、ターゲットが動いている方向に自動的に照準を調節する。

新しくなったエイム・アシストでは、これらに新たな機能が追加されます:

  1. プレイヤーと比較して敵がどう動いているかを判定する際、照準を合わせているプレイヤーのスティック入力も考慮するようになりました。つまり、ターゲットを完璧に追えている場合はエイム・アシストが作動しなくなります。また、戦闘中にターゲットを狙おうとしているときと、非戦闘時の体の向きを変える早さが近くなる効果もあります。
  2. エイム・アシストのターゲット判定を改良し、プレイヤーが最も正確に追っているターゲットに作動するようになりました。これによって、他の敵が射線を横切っても、照準が現在のターゲットから解除されにくくなります。

「コントローラー設定」の「詳細設定」に、新たに「エイム・アシスト イーズ・イン」という項目を追加しました。「エイム・アシスト イーズ・イン」を有効にすることで、ターゲットに近づくにつれてエイム・アシストが強くなり、突然スティック感度が変わるようなことが減少します。「0」に設定するとイーズ・インは行われず、すぐに感度が変化します。「1」に設定すると、感度は距離に正比例して変化します。デフォルト設定の「0.5」では、感度が緩やかに変化します。これは最も多くのヒーローに適した設定です。

ハンゾーやオリーサのような、ターゲットの動きを先読みして飛翔物を発射するヒーローは「エイム・アシスト イーズ・イン」を「0」に寄せたほうが効果的かもしれませんし、ウィドウメイカーやマクリーのような、撃った瞬間に当たり判定が行われるヒーローの場合は「1」に寄せたほうがいいかもしれません。いろいろな設定を試して、自分に合うものを探してみてください! 特定の感度でプレイしたいヒーローがいる場合は、設定を「操作設定」 > 「ヒーロー」(その後設定したいヒーローを選びます) > 「コントローラー」 > 「詳細設定」で設定できます。(通常は「操作設定」 > 「コントローラー」 > 「詳細設定」)

新システムを試したあとで、元に戻したいと感じたら「エイム・アシスト レガシー」(「コントローラー」 > 「詳細設定」)のオプションで以前のエイム・アシストに戻すことができます。

今回の変更について、みなさんのフィードバックをお待ちしています! ぜひご感想をお聞かせください。

●壁の反対側にいる味方が見えるよう、シルエットのアウトラインを追加

ヒーローのバランス調整

一般

一度に複数の弾丸を放つ武器のクリティカル・ダメージに一貫性がない不具合を修正(例:ドゥームフィストの「ハンド・キャノン」、D.Vaの「フュージョン・キャノン」、ゲンジの「手裏剣」、リーパーの「ヘルファイア・ショットガン」、トールビョーンの「リベット・ガン」)

開発者コメント:不具合の修正ではありますが、対象となったヒーローの特定の状況下におけるダメージ量が変わり、ゲームプレイに影響を及ぼすためここでピックアップする必要があると判断しました。この修正が適用されることによって、範囲攻撃武器は、ヘッドショットなどのクリティカル・エリアに着弾した弾1つ1つに対して、クリティカル・ダメージの計算が行われるようになります。その結果、リーパーの「ヘルファイア・ショットガン」やD.Vaの「フュージョン・キャノン」など、同時に複数の弾を撃ち出す武器でクリティカル・ダメージを与えやすくなります。加えて、これらの武器でクリティカル・マーカーが表示される基準を変更しました。1つの弾がクリティカル・ヒットすると表示されるのではなく、弾の30%がクリティカル・ヒットした場合に表示されるようになります。

アナ.png

アナ

●バイオティック・ライフル

・ズーム中の相対エイム感度スライダーの精度を向上。オプション > 操作設定 > ヒーロー > アナで設定可能

ブリギッテ.png

ブリギッテ

●シールド・バッシュ

・他の突撃系のアビリティを持つヒーロー(ラインハルト、ドゥームフィストなど)をノックダウンできるように変更。同様にブリギッテも相手にノックダウンされるように変更

開発者コメント:現在、突撃するキャラクター同士で衝突すると、両者とも転倒して短時間スタン状態になります。この現象はドゥームフィストの「ロケット・パンチ」やラインハルトの「チャージ」で確認できます。しかし、ブリギッテの「シールド・バッシュ」はこの現象を発生させる対象にはなっていませんでした。つまり、ブリギッテがこれらのアビリティに対して「シールド・バッシュ」を使うと、相手はスタンされるものの、ブリギッテ自身は影響を受けませんでした。今回の変更で、ブリギッテが「チャージ」または「ロケット・パンチ」に対して「シールド・バッシュ」を使うと、両者ともにノックダウンされるようになります。

ラインハルト.png

ラインハルト

●アース・シャター

・壁近くの敵を安定してヒットするように変更

・衝撃波が通過した後で攻撃範囲に入った敵にヒットしないよう変更

・バリアの反対側にいる敵にはダメージが入らないように変更(直後にバリアが解除または破壊された場合も同様)

・斜面の上にいる敵、ペイロードの周りにいる敵にも攻撃範囲が及ぶように変更

開発者コメント:「アース・シャター」は性能に一貫性がなかったため、全体的に見直しました。この変更によって「アース・シャター」の挙動がより予想しやすくなり、効果的になるでしょう。

ウィドウメイカー.png

ウィドウメイカー

●グラップリング・フック

・足場のない環境や建物(壁など)に使っても勢いを維持できるように変更

●ウィドウズ・キス

・ズーム中の相対エイム感度スライダーの精度を向上する設定を追加。オプション > 操作設定 > ヒーロー > ウィドウメイカー > ズーム中の相対エイム感度で設定可能

ライバル・プレイのアップデート

一般

●グランドマスターのプレイヤーが、スキル・レート差350以内のプレイヤーとグループを組めるように変更(以前は250以内)

ゲーム・ブラウザーとカスタム・ゲーム

一般

●カスタム・ゲームのオプション「リスポーン時間スカラー」を、デフォルトより長い時間に設定できないよう変更


FFA デスマッチ

●マーシーがカデュケウス・ブラスターを装備した状態でマッチを開始するよう変更

●デスマッチおよびチーム・デスマッチでBLIZZARD WORLDが選択可能に

1v1ミステリー・ヒーロー

●マーシーがカデュケウス・ブラスターを装備した状態でマッチを開始するよう変更

マップ

RIALTO

●ペイロードの移動速度がわずかに上昇

●ペイロードがチェックポイントで停止する時間を短縮

不具合の修正

一般

●プレイヤーが手すりなどから滑り落ちることのある不具合を修正

●トールビョーンのアーマー・パックを地面に落とさず、仲間に直接付与させると統計の「〈アーマー・パック〉作成」の項目が更新されない不具合を修正

ヒーロー

ブリギッテ

●「シールド・バッシュ」の動作が、シンメトラのタレットにぶつかると中断される不具合を修正

ドゥームフィスト

●シンメトラのテレポーターを使うと、「サイズミック・スラム」がキャンセルされる不具合を修正

D.Va

●メイの「アイス・ウォール」上で「メック召喚」を使用するとマップから抜け出せる不具合を修正

ハンゾー

●「龍撃波」の矢のサイズが他の矢より大きくなる不具合を修正

メイ

●「クリオフリーズ」で「ブリザード」の射線がさえぎられる不具合を修正

マーシー

●ダメージを増幅できない攻撃にダメージ・ブーストを使用してもアルティメットがチャージできる不具合を修正

リーパー

●「シャドウ・ステップ」が中断されるとクールダウンが始まらなくなる不具合を修正

ラインハルト

●「チャージ」で後方の敵を捕らえることができる不具合を修正

●「チャージ」発動中に方向転換すると、特定の敵を捕らえられなくなる不具合を修正

●敵の頭の上に立っていても「アース・シャター」が使える不具合を修正

●「アース・シャター」がペイロードの上に立っている敵に当たらないことがある不具合を修正

●「アース・シャター」の攻撃範囲が特定の斜面に及ばない不具合を修正

●「アース・シャター」発動中に空中に打ち上げられると、アビリティが発生しないことがある不具合を修正

ロードホッグ

●チェイン・フックが敵に当たった後、射線を維持したまま、正しく機能しなくなることがある不具合を修正

●サブ攻撃の距離減衰が正しく計算されていなかった不具合を修正

ソンブラ

●「トランズロケーター」で動く足場の上に移動できない不具合を修正

●ソンブラがスタンまたはハックされるとトランズロケーターを破壊できなくなる不具合を修正

●「トランズロケーター」使用時にソンブラが出現する場所を正確に示さない不具合を修正

シンメトラ

●ソンブラの「ハック」で、シンメトラのフォトン・バリア設置を阻止できない不具合を修正

●シンメトラのテレポートUIが、デス後も表示され続ける不具合を修正

ウィドウメイカー

●スコープを使用した射撃でヒーローが設置したオブジェクト(シンメトラのテレポーター、トールビョーンのタレットなど)を攻撃すると、統計の「命中率(スコープ)」が下がる不具合を修正

●グラップリング・フックが一部の足場にくっつかない不具合を修正

レッキング・ボール

●「パイルドライバー」の距離減衰計算が正しく行われない不具合を修正

●「パイルドライバー」の効果時間中に着地地点から滑り落ちると、攻撃判定が2回生じる不具合を修正

●カスタム・ゲームでメイン攻撃を無効に設定しても、レッキング・ボールがメイン攻撃を使用できてしまう不具合を修正

0829ヘッダー.jpg

パッチ・ハイライト

nano_cola.png

D.Vaの臨場感あふれる短編アニメーション「Shooting Star」のリリースを記念して、ゲーム内で使用できるスペシャルなコンテンツをお届けします!クイック・プレイ、ライバル・プレイ、アーケードのいずれかで勝利すると、期間限定でD.Vaのスプレー、プレイヤー・アイコン、エピックの新作スキン「ナノ・コーラ」を入手できるようになります。

ゲームをプレイするだけでなく、スポンサー対象のTwitch配信を視聴してもD.Vaをテーマにしたスプレーがさらにもらえます!

D.Vaのナノ・コーラ チャレンジについて詳しくは、こちらをご覧ください。


不具合の修正

ヒーロー・ギャラリー

●スキンを選択した際にフレーバーテキストが正しく表示されない不具合を修正

●ヒーロー・ギャラリーでヒーロー情報が正しく表示されない不具合を修正

●ヒーロー・ギャラリーでカスタマイズ・アイテムのアンロック条件が正しく表示されない不具合を修正

ヒーロー

●「ラクロス」スキンを使用すると、ロードホッグの一部のボイス・ラインが再生されない不具合を修正

●シンメトラがセントリー・タレットをテレポーターの反対側へと投げ込むと、セントリー・タレットが地面の下に落ちてしまう不具合を修正

●KING'S ROWおよびNUMBANIで、シンメトラが他のプレイヤーを特定の乗り物内にテレポートできる不具合を修正

●ウィンストンの「ジャンプ・パック」によるダメージが適切に減衰しない不具合を修正

サウンド

●メモリ消費量の高い集団戦の後、音声が再生されなくなる不具合を修正

0810ヘッダー.jpg

みなさん、お待たせしました!サマー・ゲームの季節が今年もやってきました!

今年のルシオボールには、新アリーナ「BUSAN STADIUM」が登場。期間限定の新スキンを手に入れ、眩しい太陽の下で夏を楽しみましょう!この数か月間、世界中のプロ・アーティストたちの協力を得て、今回の期間限定スキンをみなさんにお届けすることができました。

作業は非常に楽しいものでした。まずは、コンセプトアーティストたちと初期段階のアイデアについて話し合うことから始めました。例えば、D.Vaが「ブースター」を発動すると「ウェーブレーサー」のメックの背中にあるプロペラが高速で回るようにしたりするなど、最終版のスキンのモデルやテクスチャでどんなことができるか、どんなディテールを表現できるか、考えているうちに私たちの気分も高まりました。その後3Dアーティストが作りたいスキンを選び、開発プロセスでも意見やアイデアがあれば積極的に発言してもらえるようにしました。そうすることで、彼らのビジョンを実現できるようにしたのです。3Dアーティストと私たちとで共に作業し、デジタルスカルプチャーとゲーム内で動かす最終モデルが出来上がったら、今度は社内で衣装や表面に磨きをかけつつ、ビジュアルエフェクトや音声を調整し、それらがゲーム内で正しく表現されているかどうかをテストチームが確認して、スキンの仕上げに入ります。ひとつのレジェンダリー・スキンを作るのには何週間もかかりますが、最後にはいつも、それだけの価値があるものが出来上がるのです!


私にとって今回のイベントは、特に思い入れのあるものになりました。それに、アート・パイプラインに新加入したアーティストたちにとっても良い経験になったでしょう。プロセスを整理し、効率的にできたことに加え、「ウェーブレーサー」スキンのハナのモデル制作に自ら従事することができました。

ファンの方々が私たちのアートワークをどのように受け止めてくれるかを想像するのが、制作プロセスのお楽しみのひとつになっています。みなさんが今回のスキンを気に入ってくれることを祈っています。新スキンやサマー・ゲームについて、みなさんのご意見を読んだり、聞いたりすることを楽しみにしています!

――シニア・キャラクター・アーティスト・スーパーバイザー、ジョン・ゴッチ

パッチ・ハイライト

サマーゲーム2018.png

サマー・ゲーム 2018

サマー・ゲームがもっと楽しく、もっとアツくなって帰ってきました!ルシオボールの新アリーナ、シーズン2を迎えるコパ・ルシオボール、そして大量に追加されたアイテムで、今年の夏も盛り上がること間違いなし。D.Vaの「ウェーブレーサー」のレジェンダリー・スキンをはじめとする、50を超える期間限定の新アイテムのほか、過去に入手できなかった夏のアイテムコレクションをアンロックしましょう!

一般的なアップデート

一般

● ジャンクラットのスキン名「バッカニーア」を「ビルジラット」に変更

● 敵から攻撃を受けている際のゼニヤッタ、ルシオ、モイラのボイス・ラインを追加

● すべてのオーバーウォッチ リーグスキンに、チームの都市または州名を追加

グループ検索

● グループ検索画面で、検索条件変更後の設定が保存されるよう変更

ヒーロー・ギャラリー

● 新たにアンロック可能なコンテンツを表示する「新着情報」オプションを追加

ヒーローのバランス調整

一般

● 数名のヒーローのアルティメット・アビリティ発動完了後に弾が補充されるよう変更
 ・ゲンジの「龍撃剣」、ジャンクラットの「RIPタイヤ」、ファラの「バレッジ」、ロードホッグの「ホール・ホッグ」、ゼニヤッタの「心頭滅却」 、ウィンストンの「プライマル・レイジ」

開発者のコメント:長時間にわたるアルティメットを発動し終わった後、すぐさまリロードする必要がなくなります。

アナ.png

アナ

● ナノ・ブースト
 ・通常の効果に加え、対象のライフをその場で300回復
 ・射程を30メートルから40メートルに変更

開発者のコメント:これによりアナは、より幅広い状況で柔軟にアルティメットが使えるようになります。これまでは、仲間がアルティメットを使う直前に発動してコンボにつなげるケースがほとんどでしたが、今回の変更により、チームファイトの最中に瀕死の仲間を助けるためにも、「ナノ・ブースト」を使うことができるようになりました。


ブリギッテ.png

ブリギッテ

● シールド・バッシュ
 ・クールダウンを6秒から7秒に変更
● リペア・パック
 ・「リペア・パック」のターゲット感度を変更できるオプションを、「オプション」>「操作設定」>「ブリギッテ」に追加

開発者のコメント:「シールド・バッシュ」は、ブリギッテが持つアビリティの中でも特に強力なうえ、クールダウンが短かったために敵は苦労を強いられていました。そこで、クールダウンを延長して、このアビリティに対応しやすくしました。また、「リペア・パック」のターゲット感度を調整できるオプションを追加しました。これにより、プレイヤーは対象を探すのにエイムする範囲を狭めることができます。戦闘中、特定の仲間をターゲットするのに役立ちますが、その代わり、全体的に仲間をターゲットすること自体が少しだけ難しくなります。

ドゥームフィスト.png

ドゥームフィスト

● ロケット・パンチ
 ・シンメトラの「テレポーター」に影響を与えないよう変更
 ・ドゥームフィストの動作が止まることなく、シンメトラの「セントリー・タレット」を破壊できるように変更

開発者のコメント:シンメトラの設置物がドゥームフィストに対しどう作用するかを調整して、プレイ体験の向上を図りました。

ハンゾー.png

ハンゾー

● 体術
 ・クールダウンを4秒から5秒に変更

開発者のコメント:「体術」のおかげでハンゾーは非常に高い機動力を誇りますが、今回の調整でクールダウンを延長したことで、以前より攻撃を当てやすくなっています。


ルシオ.png

ルシオ

● クロスフェード
 ・効果範囲を10メートルから12メートルに変更
● サウンド・バリア
 ・一時的に付与されるシールド量を500から750に変更

開発者のコメント:ルシオの「サウンド・バリア」が生成するシールド量を増加したことで、敵が発動する大ダメージに対しより効果を発揮します。前回のルシオのリワークで「クロスフェード」の効果範囲が大幅に縮小されましたが、代わりにその効果が増強されました。全体としては、ルシオにとって良い変更ではあったのですが、戦闘中、互いに十分近くにいたつもりでも、効果範囲に入るよう仲間の近くにい続けることが難しい場面もありました。今回の効果範囲の拡大により、そのような状況は改善されます。


マーシー.png

マーシー

●カデュケウス・スタッフ
 ・回復ビームの効果を毎秒60ライフから毎秒50ライフに変更

開発者のコメント:これまでは、どのチーム構成においてもマーシーがほぼ必須になっていました。今回調整を加えましたが、それでもマーシーは他のどのサポートヒーローよりも多くライフを回復することができます。今回の変更により、他の回復系ヒーローも有効な選択肢となるはずです。

モイラ.png

モイラ

●バイオティック・グラスプ
 ・エネルギー回復レートを毎秒2から毎秒2.4に変更(パッシブ)

開発者のコメント:今回の調整により、ライフを奪う敵が近くにいないが、仲間がダメージを受けている時に回復しやすくなりました。効果をフルに発揮するにはやはり敵のライフを奪う必要はありますが、十分に交戦できない程離れた場所で戦闘が起こっているようなレアなケースでも効果を発揮できます。

ラインハルト.png

ラインハルト

●バリア・フィールド
 ・装飾の記章がシールドの表面から飛び出さないよう修正

開発者のコメント:ラインハルトの「バリア・フィールド」の表面をスムーズにすることで、時々バリアの内側に入り込んでしまっていた敵のアビリティや発射体(ジャンクラットのグレネードなど)を一貫してブロックできるようになりました。

ソンブラ.png

ソンブラ

●一般
 ・ソンブラのヘッドショット判定サイズを縮小

開発者のコメント:これは実質不具合の修正ですが、ソンブラの(特に背後からの攻撃による)ヘッドショット判定のサイズが異常に大きかったため調整しました。これまではソンブラを背後から狙った際、首の付け根あたりに攻撃が当たってもヘッドショット判定になっていました。今回の調整により、ソンブラのヘッドサイズはより適正になっています。

シンメトラ.png

シンメトラ

●フォトン・プロジェクター
 ・メイン攻撃の射程を10メートルから12メートルに変更

開発者のコメント:本来ならばメイン攻撃で大ダメージを与えることも可能ではあるのですが、射程の短さとチャージレートの遅さに妨げられていました。射程を延長することで、特に敵のバリアに対しもっとダメージを与えられるようにしました。

ウィドウメイカー.png

ウィドウメイカー

● グラップリング・フック
 ・クールダウンを8秒から10秒に変更

開発者のコメント:クールダウンを延長することで、ウィドウメイカーの位置変えの頻度を若干減らしました。これによりウィンストンやゲンジといった機動力の高いヒーローは、ウィドウメイカーをより捕えやすくなります。

ザリア.png

ザリア

● エネルギー
 ・減少レートを毎秒2エネルギーから毎秒1.6エネルギーに変更
● グラビトン・サージ
 ・範囲を8メートルから6メートルに変更

開発者のコメント:「グラビトン・サージ」の範囲を縮小したことで、敵はチームメイト同士で距離を取ることで対策を立てることができるようになりました。一方ザリアは、最大数の敵を巻き込めるよう、より正確な位置でアルティメットを発動しなくてはならなくなりました。とはいえ、今回の変更の目的はザリアをパワーダウンさせることではありません。ザリアのエネルギーの減少レートを落とし、平均してより高いエネルギーを維持できるようにしたことで、より早くアルティメットを使用できるようになるはずです。まとめると、アルティメットを弱体化し、その分の威力をほかの要素に分配し、対ザリアのカウンタープレイをしやすくしました。

ゲーム・ブラウザーとカスタム・ゲーム

ヒーロー

● カスタム・ゲームの設定にかかわらず、ブリギッテの「リペア・パック」の最低クールダウンを1.5秒に固定

不具合の修正

一般

● 1回以上AFK判定となったプレイヤーがいる場合、試合からプレイヤーを追放するまで不正確なAFKカウントダウンタイマーが表示されてしまう不具合を修正

● チーム編成フェーズの終了後、選択したヒーローの一人称視点に切り替わる前に、プレイヤーのカメラが意図しない映像を表示する不具合を修正

AI

● トールビョーン・ボットのタレットがシンメトラ(プレイヤー)によってテレポートされた場合、トールビョーン・ボットがリベット・ガンを撃ち続ける不具合を修正

ライバル・マッチ

マッチが完了する前に退出したが、途中離脱したプレイヤーの復帰タイマーが時間切れになった後だった場合でも、推薦レベルが減少してしまう不具合を修正

ヒーロー

ブリギッテ

●「バリア・シールド」を展開しながらダッシュしていると、発射物やスプラッシュダメージがシールドを貫通してしまう不具合を修正

D.Va

● エモートを使用中のD.Vaに対し、ロードホッグが「チェイン・フック」を使用すると、D.Vaのライト・ガンが消える不具合を修正

ゲンジ

● 「龍劇剣」を発動した直後、手裏剣の残弾数が正しく表示されない不具合を修正

● 壁を駆け上がった先の先端で真下を見ようとすると、腕が胴体から切り離されて表示される不具合を修正

ハンゾー

● 壁を駆け上がった先の先端で真下を見ようとすると、腕が胴体から切り離されて表示される不具合を修正

ジャンクラット

● 「RIPタイヤ」の発動に失敗すると、ジャンクラットの弾がリロードされる不具合を修正

● 空中で「RIPタイヤ」を発動しようとすると、ジャンクラットの弾がリロードされる不具合を修正

ルシオ

● 「サウンド・バリア」発動中にハックされると、アルティメットがチャージされ続ける不具合を修正

オリーサ

● 「スーパーチャージャー」を使用すると、「プロテクティブ・バリア」のライフ・ゲージが消える不具合を修正

ラインハルト

● 「バリア・フィールド」がダメージを受けても、ラインハルトのオーバーウォッチ リーグのアウェイスキンにひびが入らない不具合を修正

ロードホッグ

●「チェイン・フック」の発動が中断されると、フックが手元に戻らなくなる不具合を修正

ソンブラ

● ビジュアルエフェクトが暗く表示される不具合を修正

● テレポートした後でも、ソンブラがそのトランズロケーターを破壊できる不具合を修正

● 敵がトランズロケーターを攻撃すると、グラフィックが乱れる不具合を修正

トレーサー

● ターゲットが素早く動いた際、シールドの誤った面にパルス・ボムが付着してしまう不具合を修正

レッキング・ボール

● ロール時にスプレーが使用できない不具合を修正

● 「クリオフリーズ」発動中のメイを、「パイルドライバー」で動かせてしまう不具合を修正

ザリア

● 「グラビトン・サージ」のビジュアルエフェクトが実際のアビリティの効果範囲以上に広がってしまう不具合を修正

ヒーロー・ギャラリー

● オーバーウォッチ リーグスキンを装着すると、ヒーロー・ギャラリーでヒーローモデルを回転できなくなる不具合を修正

● トレジャー・ボックスから入手したスプレー、ボイス・ライン、エモートをセットすると、コミュニケーション・ホイールが機能しなくなる不具合を修正

グループ検索

● グループでキュー状態にならずゲーム・モードに参加できなくなってしまう不具合を修正

マップ

EICHENWALDE

● ペイロードに破壊されると城の門が地中に落ちてしまう不具合を修正

0725ヘッダー.jpg

パッチ・ハイライト

レッキング・ボール.png

新ヒーロー: レッキング・ボール(タンク)

レッキング・ボールはボウリングボールのように相手チームの前衛をすり抜けて、後衛を荒らすことができる、メカニックのスキルと固い装甲のメックを持つタンク・ヒーローです。レッキング・ボールは、高い火力を誇るメイン武器の「クアッド・キャノン」と、周囲の敵の数に応じてシールド量が増加する「アダプティブ・シールド」を活用し、大勢を相手に戦いを仕掛けることを得意とします。シールドを身にまとい、ブルドーザーのように突撃してくる彼を倒すのは非常に困難です。また、このシールドを活かせば窮地から脱出することもできます。「ロール」は、メックのロボットアームを格納してボール型に変形することで素早く移動できるアビリティ。さらに、「グラップリング・クロー」を使えば、壁や天井などに自分を固定することができ、振り子のようにスイングしながら地形の裂け目を飛び越えたり、曲がり角の先にいる敵を攻撃することができます。さらに、スイングしながらトップスピードで敵にぶつかれば大ダメージを与えてノックバックさせることも可能。また、レッキング・ボールが空中にいる間に「パイルドライバー」を使用すると、地面に激突して敵を宙に吹き飛ばせます。

アルティメット・アビリティは「マインフィールド」。周囲に地雷をばらまき、近づいた敵に大ダメージを与えることができます。

他の新ヒーローと同じく、ライバル・プレイでレッキング・ボールを使用できるのは2週間後になります。


一般的なアップデート

一般

● ソンブラのヒーロー情報ページに自分のトランズロケーターを撤去できる旨を追記
● プレイヤーの戦績から「シールド・ジェネレーター破壊」の項目を削除

グループ検索

● グループが満員になったら選択されたゲームモードの待機枠に移動するボタンを追加
● グループのロール・スロットが空くとグループがグループ検索ブラウザに再掲されるボタンを追加

ヒーローのバランス調整

一般

一部ヒーローのダメージ減衰に大幅な変更を加えました

ソルジャー76
● ヘビー・パルス・ライフル
 ・ 最大射程距離における最小ダメージが30%から50%に増加

マクリー
● ピースキーパー
 ・ 最大射程距離における最小ダメージが30%から50%に増加

バスティオン
● セントリー・モードおよび偵察モード
 ・最大射程距離における最小ダメージが30%から50%に増加

メイ
● 凍結ブラスター
 ・サブ攻撃の距離減衰を削除

ウィドウメイカー
● ウィドウズ・キス
 ・ メイン攻撃のオートマチック射撃時にダメージの距離減衰を適用(最大射程距離で50%)

開発者コメント: これらの変更の目的は、中距離武器のダメージの距離減衰を少しばかり抑えることにあります。ゲーム全体の距離減衰の仕組みを調べてみると、近距離向けのメイン武器が有利になり過ぎていることが判明しました。また、メイの弾速の遅い遠距離攻撃に距離減衰がある一方で、ウィドウメイカーのオートマチック射撃には距離減衰がないなど、いくつかの点を修正しました。

ハンゾー.png

ハンゾー

● 電光石火
 ・ 効果時間を6秒から5秒に短縮
 ・ クールダウンを8秒から10秒に延長

開発者コメント: ハンゾーの新アビリティ、特に電光石火は強すぎると感じたため、使用頻度を抑える調整を実施しました。

ソンブラ.png

ソンブラ

● ステルス
 ・ 時間制限を削除
 ・ ステルス中は目標の争奪不可
 ・ 移動速度ボーナスを+75%から+50%に減少

● トランズロケーター
 ・ 時間制限を削除
 ・ 破壊することが可能に(ライフ量は5)
 ・ 範囲を縮小

開発者コメント: 今回の調整により、ソンブラはよりチームの偵察・潜入役として動きやすくなりました。また、ステルスとトランズロケーターの時間制限を排除したことで、時間をかけて、姿を現し、奇襲をしかけるタイミングをはかることができます。


マップのアップデート

一般

● 非コントロール・マップの最終目標地点が長時間争奪され、攻撃側の人数が多い場合、防衛側のリスポーン時間の増加スピードがさらに早くなります。

開発者コメント: 以前のパッチで、最終目標地点で長時間攻撃側が有利になった場合に防衛側のリスポーン時間を調整する変更を加えました。このシステムを更に厳しくすることで、防衛側のリスポーン地点が目標地点に近い場合に発生しうる長時間の争奪戦をさらに短縮することが目的です。

アサルト・マップ

● クイック・プレイとアーケード・モードにて、目標確保時間をコントロール・ポイントあたり5分から4分に減少

開発者コメント: クイック・プレイとアーケード・モードのアサルト・マップで、全体のマッチ時間を短縮しました。各ポイントの確保時間は、現在のポイントあたり5分から4分に変更されます。ゲームによっては、ポイントAが比較的早く確保した場合、ポイントBの戦いが長くなっていました。そして多くの場合、ポイントBはAよりも防衛に向いており、防衛側が残り時間一杯持ちこたえるだけのマッチになりがちなため、8分以上続くこともあり、ポイントを奪取できない攻撃チーム、守り続ける防衛チーム、双方にとって長いと感じるものになっていました。今回の調整により、ライバル・プレイの時間と同じになりますが、攻撃側と防衛側いずれにも十分な時間を与えると同時に、相手チームではなく時間と戦っているようなゲームがなくなることを期待します。

バグ修正

一般

● コントローラー使用時に、グループリーダーのUIが「ほかのプレイヤーを待っています」をキャンセルまたは離脱しているように表示される不具合を修正
● プレイヤーが戦闘に参加せず「XPなし」の警告を受けた後に、動かないことを警告するAFKが受信されなくなる不具合を修正
● 「最近のプレイヤー」メニューにて、最後にプレイしたマッチがライバル エリミネーションとして表示される不具合を修正
● 回避したプレイヤーをフレンドに追加しても、回避リストから削除されない不具合を修正

AI

● トールビョーンのボットがタレットを不適切な場所に設置した場合、アップグレードをしようとし続ける不具合を修正

カスタム・ゲーム

● 観戦希望のグループが、観戦しようとしているカスタム・ゲームの観戦者枠に入れない不具合を修正

推薦

● チーム情報画面で、ゲームを離脱したプレイヤーの推薦レベルが表示される不具合を修正
● 推薦の入力が他の入力と共有されている場合、推薦トレイが開かなくなる不具合を修正
● 「付近のプレイヤー」メニューで、推薦レベルが表示されない不具合を修正
●「スポーツマンシップ」推薦テキストがチャットボックスの外にはみ出る不具合を修正

ゲーム・ブラウザーとカスタム・ゲーム

● カスタム・ゲームで、クールダウン時間補正値を減少させると、ヒーローが複数のバリアやタレットを設置できるようになる不具合を修正
● デスマッチのカスタム・ゲームで、「リスポーン時にランダムにヒーローを選択」を有効にすると、プレイヤーが壁や床の中にスポーンすることがある不具合を修正

ヒーロー

一般

● ヒーローに攻撃がヒットした時に、被弾アニメーションが表示されない不具合を修正

ブリギッテ

● ドゥームフィストのライジング・アッパーカットで空中に飛ばされると、シールド・バッシュを使っても前方にダッシュできない不具合を修正
● 「シールドメイデン」スキン着用時、存在しないポニーテールがポートレートに表示される不具合を修正

ドゥームフィスト

● 空中にあるシンメトラのタレットにロケット・パンチがヒットすると停止してしまう不具合を修正
● ラインハルトがバリア・フィールドを上に向けていると、メテオ・ストライクがラインハルトにヒットしない不具合を修正
● ロケット・パンチのインパクト時に、ゲンジのサイバー体術、ルシオのウォール・ライド、ハンゾーの壁登りをキャンセルできない不具合を修正
● ドゥームフィストのメテオ・ストライクの着弾エフェクトが発生しない不具合を修正
● ドゥームフィストがデスマッチ・マップ「CHATEAU GUILLARD」の地下室でメテオ・ストライクを使用すると落下死する不具合を修正
● ドゥームフィストのライジング・アッパーカットをブリギッテのシールド・バッシュ またはトレーサーのブリンクで中断されても、空中での方向をコントロールできなくなる効果を与えられる不具合を修正

D.Va

● D.Vaの「ピース」ビクトリー・ポーズ表示中に、メックのリアハッチが本体に接続していない不具合を修正

ゲンジ

● 「クラシック」スキン着用時にゲンジの膝当てが脚にめり込んで表示される不具合を修正
● ゲンジがヒーロー・ギャラリーの待機中アニメーションで体重移動をすると膝がかくつく不具合を修正

ハンゾー

● ハンゾーの龍撃波が時折後ろ向きに発射される不具合を修正

ジャンクラット

● フラグ・ランチャーのグレネード直撃時のダメージ量が正しく反映されない不具合を修正
● カスタム・ゲームで、スティール・トラップを複数設置できる不具合を修正
● ジャンクラットがRIPタイヤ操作中に死亡すると、チームメイトにリスポーンタイマーが表示されない不具合を修正
● RIPタイヤが凍結中に、カメラを動かすことができる不具合を修正
● フラグ・ランチャーのグレネードが特定の地形にはまってしまう不具合を修正

メイ

● メイがソンブラにハッキングされるとアイス・ウォールが破壊される不具合を修正

マーシー

● マーシーが近接攻撃と武器切り替えを同時に行うとカデュケウス・スタッフとカデュケウス・ブラスターが表示されなくなる不具合を修正
● マーシーが特定のアビリティ(例: ハンゾーの龍撃波、D.Vaの自爆、ジャンクラットのスティール・トラップ)にダメージブーストを付与できる不具合を修正

モイラ

● 練習場にて、回復オーブが味方のトレーニング・ボットを回復できない不具合を修正
● バイオティック・オーブでコントローラーの振動機能が反応しない不具合を修正

ラインハルト

● ドゥームフィストのライジング・アッパーカットで空中に飛ばされると、チャージを使っても前方に突進できない不具合を修正

ロードホッグ

● シンメトラのテレポーターをロードホッグが使用すると、チェイン・フックで引っ張った相手も移動先に引っ張られる不具合を修正

ソンブラ

● ステルス状態の時にペイロードを進める、および争奪できる不具合を修正
● トランズロケーターにダメージ判定のない部分があった不具合を修正
● マップ上の意図しない場所に到達できる不具合を修正

シンメトラ

● 敵シンメトラがタレットを設置した際、敵のものであることを示す赤いアウトラインが表示されない不具合を修正
● ラインハルトのアース・シャターが、フォトン・バリアを通り抜けることがある不具合を修正
● 「オアシス」スキン着用時、テレポーターのビジュアルエフェクトが表示されなくなる不具合を修正
● セントリー・タレットをテレポートさせると、実績「大成功」の進捗が進む不具合を修正
● デスマッチで新しいフォトン・バリアを設置しても、既存のフォトン・バリアが破壊されない不具合を修正
● セントリー・タレットを平面以外に設置すると壁を貫通して敵を撃てるようになる不具合を修正
● 空中でテレポーターを設置すると、味方チームへの呼びかけがキャンセルされる不具合を修正

トレーサー

● リコール中に目標確保%を獲得できる不具合を修正

ザリア

● パーティクル・バリア使用時、至近距離から敵シンメトラまたはザリアの攻撃を受けると、パーティクル・キャノンのエネルギーが得られない不具合を修正

ウィドウメイカー

● 一部の壁にグラップリングできない不具合を修正

グループ検索

● プレイヤーをグループに追加すると、すべてのゲームモードが選択可能になる不具合を修正
● 「ロールを選択」メニューにアクセス時、デフォルトのロールが選択できない不具合を修正
● カスタム・ゲーム名の変更が一時的に停止されている場合、グループ検索のタイトルを変更できない理由を伝えるメッセージが受信できない不具合を修正
● ヒーローのポートレートにロールのアイコンが表示されない不具合を修正
● 同じグループ検索枠に2人のプレイヤーが待機できる不具合を修正

マップ

Junkertown

● ジャンカータウンの女王のボイス・ラインが再生されない不具合を修正